見出し画像

僕が継続セッション(長期で高額なやつ)をするときに気をつけていること3つ紹介する



おはようございます。おはなし屋なおとです。


今日は

僕が50万円の継続セッションをするときに
気をつけていること3つ

というテーマで話をします。





先日おはなし屋の公式LINEでこんな質問をいただきました。


『継続セッションの進め方がわかりません。単発のセッションにはある程度の自信があるのですが、継続セッションに移行するとなるとさらに付加価値をつけないと厳しいなあと感じています。なおとさんはどのように継続セッションを行っていますか?聞かせて欲しいです。』


それでは答えていきます〜!




率直に感じたこと




まず質問の前半部分をみて感じたことを答えます。



価値提供の基準が
ズレていると思いました。



そもそもいいセッションとはなんでしょうか?気づきがあるセッション?ありがとうと言われるセッション?


僕の定義は違います。



僕の考えるいいセッションとは『人生が変わるセッション』です。




セッションをして、クライアントさんが変化を実感して、その変化を言葉にするセッションをする。この繰り返しでしかいいセッションは作り得ません。




セッション→変化→フィードバック




これを繰り返すことがいいセッションです。僕の定義ではそもそも『質のいい単発セッション』は存在しません。だから僕は『1度受けて終わりな単発セッション』をあまり自分から売りません。




セッションを受け、気づきが生まれ、実生活が変わり、それをフィードバックするまでが『いいセッション』です。





『単発セッションにはある程度の自信がある』

これはお客さんの実生活の変化までフォーカスが行っていないと感じました。


ピッチャーが『最高の球が投げられたぜ!』っと言ってホームランを打たれて『俺の球は良かったんだけどなあ』と言っている感じ。わかるかな。




ピッチャーの仕事はいい球を投げることではなく打者をアウトにする投球をすることです。いい球を投げるのはそのための手段です。




コーチの仕事はいいセッションをすることではなく、クライアントの人生を変えることです。いいセッションをするのはそのための手段です。




クライアントさんの人生を本気で変えようと思ったら『投げっぱなしの単発セッションをやっている場合じゃない』と気がつくはずです。フィードバックのない気づきは長く続かないことを、コーチならわかっていると思いますから。



これが質問の前半部分に対する回答です。




そして後半部分の『なおとが継続セッションをするときに意識していること』について書いていきます。



たくさんありすぎて全部を伝えるのは難しいので、パッと思いついたことを3つご紹介します。50万円の継続セッションを行っている僕の意識しているポイント3つです。いきますよ。




50万円の継続セッションで
意識していること3つ




①準備が8割
②スキルはお金に勝てない
③コーチのあり方で全て変わる



それぞれ解説していきます。




①準備が8割



これは言わずもがなです。クライアントさんにとっては『最初のセッションを受けてからがスタート』ですが、僕たちコーチにとってのスタートは『もっともっと前』にあります。


クライアントさんがコーチのことをどう捉えているか。どんな人間だと認識し、どんな価値観や信念を持っているのか。自分が理想としている生き様を持っているのか。クライアントさんのコーチに対する認識を僕は強く意識しています。


『コーチという人間をどう捉えているのか』がセッションの質のほとんどを決めると思っているからです。




コーチングが始まってからのことを考える人は多いですが、そもそも『あなたにコーチしたい』と言われなければ『セッションするチャンス』ましてや『プロとして有料でセッションするチャンス』は絶対訪れません。




だからコーチングスキルを勉強するより『あなたにお願いしたい』と言われるような自己開示のスキルを磨いたほうがいいよ、と言っているのです。



僕は自分の生き様をさらけ出すことで『なおとさんの生き方スキ!』って言ってくれる人をクライアントにしてきました。




Webを使うようになってからもやり方は同じです。僕のお客さんは資格コーチマンたちが取り合っている『コーチングに群がる人たち』の中にはいません。



『コーチング?よーわからんですねw』
という人から50万円もらってセッションしています。


謎でしょ?笑





②スキルはお金に勝てない



『なおとさんの技術のおかげでここまで変われました!ありがとう!』と言われたことは一度もありません。




『この人との対話が手に入るのならお金を払っても欲しい』とクライアントさんが思うこと、そして実際にお金を払ってクライアントさんになってくれること。



そんな前のめりのクライアントさんを作ることができれば、スキルなんていりません。




人間として向き合っているだけで、お客さんは勝手に学び、勝手に気づき、人生を変えていきます。文字通り『本当に応援しているだけ』です。




よくコーチングの世界では『勇気付けが本質だぞ』と言われますが、『勇気づけ以外何もやらなくてもクライアントが自発的に行動する状態』を作ることができるかどうかが本質ではないかなと考えています。




コーチがたくさんスキルを持っているよりお客さん自身がお金を払ってまでも向き合いたいと思っている状態のほうがいいセッションになるのです。





スキルはお金に勝てない。




コーチの技術よりクライアントさんの本気度です。




③コーチのあり方で全て決まる




コーチである自分自身が『どこまで自分と向き合えているか』が全てだと考えています。コーチが『コーチングを学んだだけで自分は何も変わっていない』のだとしたら、説得力がありません。




僕の場合、クライアントさんとセッションをしていると『ああ気持ちわかるわ〜』というような悩みばかりです。


コーチである僕が同じように歯を食いしばりながら自分と向き合ってきたからこそ、心から『わかるゼェ〜』と言えるのです。




説得力のない共感は薄いのです。そしてそれはクライアントに伝わります。



クライアントは『すごくよかったです!』とは言ってくれると思いますが、人生は変わりません。




コーチングに一番大事なことはなんですか?
と言われたら僕は



説得力です!



と即答します。



あなたが今すぐにやるべきこと




今日の内容はいかがだったでしょうか。『今日の話はマジで重かったです。ごっつぁん。』と思っているあなたに今すぐやるべきことをお伝えします。





もっと本気で他人の人生とぶつかれ





いいセッションを提供しました、はいさよなら。
それで他人の人生が変わると思いますか。




変わらないからあなたのセッションスケジュールは毎日違う人で埋まっているんだ。僕のスケジュールは『ほとんど同じ人とのセッション』ばかりで埋まっているよ。何が違うのだろうか?をもう一度考えてみてね。




今日は久しぶりにアウトプットフォームをおいておくね。さあ、いま感じていることをアウトプットしてみよう。自分の気持ちを言語化してみよう。どうぞ。





こういう『泥臭い自己表現』を一つ一つやらないと、芯のあるコーチにはならんぞ。主体的であれ。と最後にメッセージしておきますね。ばいばい!





〜こくちゾーン〜


公式LINEお友達募集中!


公式LINEに登録すると

①なおとの配信が直接LINEに届きます
②有料サービスの案内を受け取れます
③なおととコミュニケーションが取れます
④プレゼントが受け取れます

今のプレゼントはこちら〜!


PDF52枚・16000字超・プロの図解でお送りする
【コーチングを販売するためのマインドセット】
公式LINEでプレゼント中です
https://line.me/R/ti/p/%40yxv8045g
ID検索 @yxv8045g


プロのコーチとして生計を立てるためのバイブル
✅【コーチング販売の教科書】(有料note)
https://bit.ly/3aStyZf


✅【コーチング販売の教科書】を
販売した戦略を全部話す(無料note)
https://bit.ly/2WbYy2g




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはミックスナッツになって僕のお腹の脂肪として蓄えられます。

なおと嬉しいです!
17
独立4年目のライフコーチです。コーチング×販売みたいなところが得意分野です。コーチング技術は売った後にクライアントさんと一緒に身につけました。座学を全くやっていないので少しお行儀が悪いかもしれませんが、セッションの質には自信があります。『友達と話してるみたい』ってよく言われます

こちらでもピックアップされています

おはなしまがじん
おはなしまがじん
  • 14本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。