見出し画像

変数とリストの基礎がわかるゲーム作り3レッスン -Scratchでプログラミングを学ぼう

はじめまして。ニャアと申します。

Scratch(スクラッチ)を使った親子や初心者向けのプログラミング基礎レッスンを配信しています。

(※Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.edu から自由に入手できます。)

以前理系教育のアフタースクールで子供達にプログラミングを教えたこともあります。

プログラミングのレッスンでは子どもたちの学びも多く、ただ単純にプログラミングの方法を学ぶというよりも

・物事を色々な面から・深く考えること
・問題を解決しようとする姿勢・集中力
・わからないことに対する挑戦心・好奇心
・最後までやり遂げたいというモチベーション

など、どんな分野にも共通して役立てられる人間力を育むのに効果的だと感じました。

プログラミング的思考を通して子ども達自身が将来に役立てられる力を身につけたり、自ら考え創作することを通して楽しさや達成感を感じてほしいと思い、レッスンを作っています。

プログラミング必修化への準備として、自宅でできる学習として、親子のコミュニケーションのひとつとして活用していただければ幸いです。

このレッスンは親子でいっしょに取り組むことを想定して作っていますが、スクリプト画像、動画も載せているので、子どもだけでも進めることができると思います。(対象年齢の目安は8歳以上)

「Scratchを触るのが初めて!」という場合は、こちらの基本操作編も合わせてご覧ください。


それでは、楽しみながら学んでいきましょう🐾


画像1

LESSON 1:ガレット・デ・ロワで運だめし(クローン/乱数/変数)


LESSON1 では、ガレット・デ・ロワというお菓子をテーマにして、クローンの使い方やいくつかの変数を組み合わせてできることを解説します。

ガレット・デ・ロワはフランスで新年に家族や友達と集まって食べるパイのようなもので、ピースのどこかに”フェーブ”という当たりが隠されています。

フェーブを引き当てた人はその年1年間、幸運が続くと言われています!

Scratchでガレット・デ・ロワを作って運だめしをしてみましょう。

まずは作るもののイメージをするために、こちら(Scratchのプロジェクトページ)からプレイしてみてください。


1-1. 背景とスプライトをアップロード

まず最初に、お皿の画像(背景)とガレット・デ・ロワの画像(スプライト)をアップロードしましょう。

お皿はイラストACからダウンロードできます。(このほかにも色々なフリー素材があるので、"お皿"と検索してみてください。)

画像4


ガレットはこの画像をこちらからダウンロードしてください。

画像5

それぞれ自分のパソコンにダウンロードしたら、スクラッチ上にアップロードします。


<背景をアップロードする方法>
1.「背景を選ぶ」メニューの「背景をアップロード」をクリックし、背景にしたい画像を選ぶ

画像19

<スプライトをアップロードする方法>
1.「スプライトを選ぶ」メニューの「スプライトをアップロード」をクリックし、スプライトにしたい画像を選ぶ

画像19


1-2. ガレットのピースを8ピースにするスクリプト

さて、お皿とガレットの準備が整ったところで、ガレットを8ピースにしてきれいな円形にしてみます。

以下のようなスクリプトをガレットのスクリプトゾーンに作ってみましょう。

画像9


「隠す」はクローン元のスクリプト本体を隠すために入れます。

45度回転しながらクローンを生成するのを8回繰り返すことで、円形になります。(45度×8=360度)

スクリプトができたら旗を押してみましょう。

・・

・・・

画像10

あれ?綺麗な円形になりません!

ここで大事なのが、ガレットの中心と角度を決めておくことです。

次のような手順でガレットのスプライトのコスチュームを編集しましょう。


1. ガレットの「コスチューム」タブを開く

画像73

2. 背景のグレーと白の四角に合わせて、縦をまっすぐにする

画像13

3. スプライトの中心を探す(画像の下に隠れていたり、とても小さかったりするのでよく探してみましょう。)

画像12


4. この中心にガレットの先っぽを合わせる

画像11


この状態でもう一度旗を押してみましょう。綺麗な円形になりましたか?

画像14


1-3. フェーブをどこかに隠すスクリプト

次に、クローンしたガレットの8ピースのうちの1ピースに、フェーブ(当たり)を隠す仕掛けを作ります。

どこに入っているか分かっていたら面白くないので、ゲームをスタートするたびにランダムでどこかに隠されるようにしましょう。(「変数」を使います!)


1. 「新しい変数を作る」で「番号」を作る
※「このスプライトのみ」にチェックを入れること!そうしないとプログラムが動きません。通常は「すべてのスプライト用」でOKです。

画像74


2. 「新しい変数を作る」で「あたり」を作る

画像78


この2つの変数を使って、先ほど作ったスクリプトにピンク枠のスクリプトを追加しましょう。

画像15

ガレットをクローンするごとに「番号」が1ずつ変わるようにし、これによってガレット1つずつに1〜8番までの番号が振られます。

そして「あたり」が1〜8番のどれかのガレットにランダムになるように「1から8までの乱数」を使っています。


1-4. 選んだピースは当たり?はずれ?

次に、選んだピースの当たりかはずれが分かるスクリプトを作ります。

ガレットのスクリプトゾーンに以下のスクリプトを追加します。

画像16

<番号=あたり>の部分は、「演算」にある<○=○>というブロックの○に変数の「番号」と「あたり」を入れています。

たとえば1〜8までのうち4番目のピースが当たりになっていた場合、「4番目のピースをクリックすると当たり!」という意味のスクリプトです。

当たりを引いたことがわかるように、次はフェーブを用意しましょう。


1-5. フェーブが現れるスクリプト

ガレット・デ・ロワの「ロワ」は王様という意味で、フェーブを引いた人は王冠をかぶったりして楽しみます。

なのでニャアはフェーブを王冠にしてみました。

画像6


自分の好きなものでOKなので、Scratchのスプライトから選んだり、フリー素材をアップロードしたりしましょう。(この画像をこちらからダウンロードしてもOKです。)

フェーブのスクリプトゾーンには、以下のようなスクリプトを作ります。

画像17

当たりのガレットを選んだ時だけフェーブが出てくるように、

・「メッセージ1を受け取ったとき」→「表示する」
・「旗が押されたとき」→「隠す」


が重要になります。

このメッセージ1はガレットのスクリプトから繋がっていますね。

しかしこのままだと当たりのガレットを選んでフェーブが現れても残りのガレットが表示されたままなので、ガレットのスクリプトにも以下のスクリプトを追加します。

画像18

ガレット全体のスクリプトはこのようになりました!

画像19

緑の旗ボタンを押して、うまく動くか確かめてみましょう。


LESSON1 のおさらい動画とプロジェクトページ

今回作ったスクリプトを改造して「くじ引き」など自分の好きなものにアレンジしてみましょう。

クローン、変数、乱数などを使いこなせば色々な種類のゲームやプログラムを自分で作ることができるようになります。

このレッスンで作ったスクリプトはこちらのScratchプロジェクトページから確認できます。("中を見る"をクリックしてください)

動画も合わせておさらいしてみましょう。

🐾

無料部分はここまでとなりますが、レッスン2と3では変数や乱数に加えて「リスト」も使いこなしながら

・LESSON2:今日のごはん占い
・LESSON3:英単語ドリル


を作ってみます!

課題も交え、考えながら身につけられるレッスンになっています。

難易度も徐々に上がっていくので、この3つのレッスンでリスト・変数・乱数の基礎がわかります。

よかったらご購入のうえ(お気に召さなかった場合、返金も可能です。お気軽にどうぞ!)、この先もおたのしみください🐾


この続きをみるには

この続き: 8,627文字 / 画像58枚

変数とリストの基礎がわかるゲーム作り3レッスン -Scratchでプログラミングを学ぼう

電子猫ニャア

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
『ニャアのスクラッチ』(https://nyaablog.com/)にて親子やプログラミング初心者へ向けたスクラッチレッスンを発信しています。画像や動画を交え分かりやすく解説しています🐾
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。