マガジンのカバー画像

私の声の基

7
主に、私の歌の周辺についてのことや、普段は感覚で捉えていること、説明していないようなこと、をあらためて考え、言語化し、私が大切に思うのとなどを可視化するために書いています
運営しているクリエイター

記事一覧

私の声の基 その7

いつかの私。今の私になる前の。 自分の声が大好きで大嫌いだった小さな頃、歌を歌うとみんな…

1年前

私の声の基 その6

〜私の声の基 では、私の歌の周辺について、普段は感覚で捉えていること、説明していないよう…

1年前

私の声の基 その5

声の音としての豊かさと 歌の表現力この2つって切り離して考えられることなのか。 意外とそ…

1年前

私の声の基 その4

〜私の声の基 では、私の歌の周辺について、普段は感覚で捉えていること、説明していないよう…

1年前

私の声の基 その3

※私の声の基 その2の続きのため「一方で」と言う言葉から始まっております 真似することが…

2年前

私の声の基 その2

歌声の個性とは高校生の時に作詞作曲し歌い始めた。 学生時代にはミュージカルの舞台に出たい…

2年前

私の声の基 その1

声がイイね私が歌うと大抵このように言ってくださる方が割と多い印象だ。もちろん褒め言葉である。とても嬉しいしありがたい。 でも、少し昔のこと、私はこの言葉をかけられるのがどちらかと言うと嫌いだった。 私自身の努力や何かでもって褒められたわけじゃないと言うのが理由。 声がイイのは、私の骨格と持って生まれた声帯の形によるところで、 しいて言えば、発声の基になる呼吸法や、声の響かせ方は私の発声法が成功している結果とできなくもない。 しかしながら、やはり、この褒め言葉の8割は