見出し画像

Apple Cardの真新しさ(デザイン)

NozomuNakazawa(中澤望)

現地時間2019年3月25日にApple Cardの発表がありましたが、その興奮が未だ冷めやらないので、初めてのnoteを書いてみます。

斬新なデザイン

2019年夏にアメリカでのリリースが予定されているこのクレジットカード、高還元のキャッシュバックや家計管理機能など他のクレジットカードと差別化できるポイントは多々ありますが、僕は何よりもデザインに驚きました。

[Photo: Business Insiderより引用]

- No card number: カード番号なし
- No CVV security code: セキュリティコードなし
- No expiration date: 有効期限なし
- No signature: 署名欄なし

券面に数字がひとつも載っていません。ここまで斬新なカード、初めてです。しかもカードをよく見てみると・・・

[Photo: Apple社HPより引用]


表面に国際ブランドのロゴが存在しないことがわかります。個人的にこれはかなり大きなチャレンジだと思っています。というのも、コンビニ等の店舗の店員さんは、お客様から提示されたカードにVisaやmastercardのロゴがあるかないかでそれがクレジットカードなのかを判断することが多いと思います。実際僕も飲食店でアルバイトをしていたとき、国際ブランドのロゴがないカードを渡された場合はお客様にこれで良いのか確認をしていました。

国際ブランドのロゴがあればクレジットカードだと認識できる人が多いと思うのですが、カード番号等だけでなく、このカードの国際ブランドであるmastercardのロゴさえも表面にないApple Cardは、ある意味で怪しさ満載です。それでも今回のデザインにしたApple、Goldman Sachs(カード発行会社=銀行)、mastercardには、店舗での混乱を最小限に抑えられるくらいこのカードを全米中に浸透させていくんだという自信と気概を感じます。
なお、裏面には発行会社であるGoldman Sachsと、国際ブランドであるmastercardのロゴが記載されるようです。

ICチップ

そしてもう1つ、おそらく世界初じゃないかと思うデザイン面の特徴は、ICチップの位置です。

[Photo: Google画像検索より引用]

"credit card"でGoogle検索をして現れる画像は、ICチップが左側にあるものばかりです。お手元にあるご自身の財布の中を見ても、おそらくICチップがあるカードはすべて左側にチップが位置していると思います。このように、ICチップは左側というのが定位置でした。

[Photo: Apple社HPより引用]

しかし、Apple CardはICチップが右側にあります。このパターンは初めて見ました。推測ですが、カード番号等が記載されていないことを活かして、カードを180度回転させているのかもしれません。Apple Cardを上下逆さまにしてみると、ICチップが見慣れた位置に来ませんか?カード番号等がないからこそ為せる技ですね。

ただ単純にカード番号等を記載しないだけではなく、国際ブランドのロゴを裏面に配置し、さらにICチップの位置まで変えているApple Card、実物を見るのがとても楽しみです。日本での展開は未定とのことですが…

より詳細を知りたい方へ

Apple Cardについてもっと詳しく知りたい方は、各メディアが様々な記事を書いてるのでぜひご覧になってください。以下は個人的なおすすめ記事です。



特にBusiness Insiderの記事は、ライターの鈴木さんが過去Apple Payに関する本を書かれていることもあり、洞察の深さに感動します。

今回はここまで。

nozomu
Kyash ID: nozomu1122

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NozomuNakazawa(中澤望)

読んでいただきありがとうございます!ぜひシェアやフォローをお願いします!サポートも嬉しいです。