見出し画像

コミュニケーションにおけるジェスチャーと運動麻痺の関係性

本日も「臨床BATON」にお越しいただきありがとうございます!

毎年1年の目標を立てようとしてできない、今年はしっかりした1年の目標を立てておきたい、143日目の投稿を担当するミッキーです。

今回のブログでは

ジェスチャーとはそもそも何か?
ジェスチャーの必要性とは?
なぜ片麻痺の患者様ではジェスチャーを見る場面が少ないのか?
どのような介入が必要か?
ジェスチャーを考えることでどういうことにつながるか?

について考えていきたいと思います。

はじめに

前回はマスク着用時のコミュニケーションについて投稿しました。
まだ見てない方はご覧ください!

これまでのブログでは、顔の表情やジェスチャーについて複数回触れてきました。

僕の勤める維持期の病院では脳卒中の外来患者様もリハビリすることがあります。

前回のブログを書いていて感じたのですが

脳卒中の片麻痺患者様のリハビリをしていてもバーバル(言語的)コミュニケーションは多く見られますがノンバーバル(非言語)コミュニケーションであるジェスチャーって見る場面が少ないなと感じました。

ノンバーバルコミュニケーションについてはこちらから

健常者では感情表現が豊かな人はジェスチャーなどのノンバーバルコミュニケーションが多いイメージがあります。

片麻痺患者様のリハビリにおいて感情表現としてのジェスチャーはあまり注目されることではないかもしれません。

それでも感情表現って結構大事なことではないでしょうか。
会話の中で、バーバルコミュニケーションだけで、ノンバーバルコミュニケーションをしない方と話した時にどう思いますか?

ちなみに僕はコミュニケーションにおいてジェスチャーを多くする方ではないのでけっこうリアクションが薄いよねって言われがちです…💦

患者様のデマンドでは「腕が上手く動かない、歩けない」や「トイレに行きたい、お風呂に自分で入りたい」といった
身体機能やADLに比重を置かれがちですが僕はジェスチャーによる感情表現について考えることも人と接する、コミュニケーションをとるうえで大切であると考えます。
このブログが片麻痺の患者さんのリハビリにおいてジェスチャーを感情表現の一つとして考える視点になればと思います。

それは脳外臨床研究会の理念の一つである『フルリカバリー』の一つの視点ともなってきます。

この続きをみるには

この続き: 2,104文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

コミュニケーションにおけるジェスチャーと運動麻痺の関係性

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
7
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!