人工骨頭の術式の違いとリハビリ
見出し画像

人工骨頭の術式の違いとリハビリ

脳外ブログ 臨床BATON

おはようございます(^ ^) 

本日も臨床BATONへお越し頂き、ありがとうございます。

265日目を担当するのは理学療法士のゆーすけです。


人工骨頭置換術の術式の違いによって何に気をつけてリハビリ展開をどのように考えたらいいかわからない人

「そもそも術式の違いがわからない…。脱臼リスクが気になって積極的にリハビリを進めづらい…。早期退院を促さないといけないが本当に退院して大丈夫なのか心配…。」

こういった疑問にお答えします。

★はじめに

人工骨頭置換術を施行したケースでは術後1日目から全荷重で歩行を開始し、急性期病院であれば在院日数の短縮から早い段階での転帰の判断を求められることになります。その中で早期に歩行を獲得できていることが重要となり、どの時点で自立にするか?の指標として下肢荷重率でどの程度荷重をかけることができるかをみたり、杖もしくは独歩でどの程度の距離の移動が可能かをみたりすることが多いのではないかと思います。私自身、若手の頃はリハビリ展開として下肢の伸展機能を高めるアプローチが主体となっていました。ここは外せないポイントではあると思いますが、人工骨頭の術式としてメジャーな後方アプローチの特徴って何だろう?前外側アプローチとの違いは?術式によってリハビリ展開は変わるのか?また、早期の転帰の判断に歩行以外でみておくべきポイントについて考えていきたいと思います。


★人工骨頭置換術の術式

人工骨頭置換術として比較的多いのは後方アプローチではないでしょうか。後方アプローチでも手術侵襲が微妙に異なります。最近では前外側アプローチを施行されることも多い為、それぞれについて整理していきます。

1)前外側アプローチ

この続きをみるには

この続き: 2,619文字 / 画像2枚
記事を購入する

人工骨頭の術式の違いとリハビリ

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
脳外ブログ 臨床BATON
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!