見出し画像

訪問リハでの急変連絡〜今、あなたは「何を」伝えるべきか〜

10月より臨床BATONが300円の有料マガジンになります。
以前の記事は臨床BATONより1記事100円で購入可能ですが、有料マガジンを300円で購入いただくと今までの記事が全て読むことができます。
ブログを読んでいただけると評価の意義や治療の新しい視点、リハビリに取り組む姿勢などの変化を感じることが出来ます。
これからも『ブログメンバーと共に学び、成長していくことを目指したブログ』を皆さんにお届けするために切磋琢磨していきます。
パワーアップした「臨床BATON」をどうぞよろしくお願い致します。


本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

80日目を担当します訪問看護ステーションで働く理学療法士のワーリーです。

前回はcaseから考える熱中症対策についてまとめました。
前回の記事は以下になります。

https://note.com/nougeblog/n/ndd618b5a1de0


・はじめに

何かを伝える際に、説明が上手な人もいれば、下手な人もいます。私は後者でした。先輩セラピストや看護師への申し送りや報告書の記載、医師との情報交換の際に結局何が言いたいのと、確認が入ることが多々ありました…

訪問リハの現場では稀に対象者の急変に遭遇することがあります。その際は主治医などへ報告する必要があるのですが、対象者の急変時の連絡の内容が伝わらず、時間をかけ過ぎてしまうと、対象者の状況は刻々と変化してしまいます。

皆さんは急変時の連絡でどのように伝えたらいいのかと悩んだり、上手く伝わらなかったといった経験はありませんか?その他にも、先生や看護師への電話に苦手意識をお持ちの方はいませんか?

その悩み、SBARを活用した急変連絡で解決できます!!

結論を言うと急変連絡に重要な要素は、結論から、重要なこと漏れなくシンプルに伝えることです。
そのためのツールがS B A Rになります。

・S B A Rとは

皆さん聞いたことありますか?

各単語の英語の頭文字をとってS B A Rです。

画像1

医療現場で活用する際には、対象者の急変など、緊急時に用いられることが多く、① S ② B ③ A ④ R の順に説明することで、相手に的確な情報を伝えることができます。

具体的には以下の手順で伝えます。
①対象者が現在どのような状態(S : Situation)なのかをシンプルに伝えます。
②なぜそのような状況をもたらしたかという背景(B : Background)を伝えます。
point:経過のすべてを伝える必要はなく、S(状態)に関連する内容に絞り、緊急性の高い情報から伝えます。
③問題は何であるかの評価(A : Assessment)を伝えます。
point:医学的な診断ではなく、現状から何を予測し、何を心配し、その判断を伝えます。
④報告している相手に何をしてほしいかを具体的に提案や要望(R : Recommendation)を伝えます。


急変の対応を行う際には相手(医師または看護師)に的確に情報を伝えることが重要であり、訪問リハのセラピストには欠かせないスキルだと考えています。

この続きをみるには

この続き: 1,302文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

訪問リハでの急変連絡〜今、あなたは「何を」伝えるべきか〜

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!メンバーがHAPPYになります
11
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!