見出し画像

見逃すな!!訪問リハでの危険な腹痛

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

99日目を担当します訪問看護ステーションで働く理学療法士のワーリーです。

前回は「訪問リハでの急変連絡〜今、あなたは「何を」伝えるべきか〜」についてまとめました。
前回の記事は以下になります。

https://note.com/nougeblog/n/n683ab747945b


今回の記事では訪問リハで見逃してはいけない危険な腹痛についてまとめていきます。

はじめに

皆さんは対象者に「お腹が痛い」と言われたとき、どのような対応をとりますか?

腹痛は日常的にもよく見られる症状であり、「便秘かな?」「お腹を下しているのかな?」とは思いつつ、いざ評価をするとなると何をどのように評価したらいいのだろうか。と悩みませんか?

腹痛は病院や診療所の外来受診で風邪・下痢・頭痛についで多いそうですが、腹痛といっても様子を見ていれば良くなる腹痛から生命に危険及ぼす腹痛まで部位や痛みの強さ、原因は様々です。

訪問でも腹痛の訴えを聞くことは少なくありません。

そこで今回は緊急性を伴う腹痛見極めるために訪問に携わるセラピストが知っておくべき、いや!知らないといけない対応と評価方法についてまとめていきます。

では早速いってみましょう!!

続きをみるには

残り 2,867字 / 11画像
この記事のみ ¥ 200

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?