見出し画像

上腕骨近位端骨折のリハビリで確認すべきポイント

脳外ブログ 臨床BATON

こんにちは(^ ^)

本日も臨床BATONへお越し頂き、ありがとうございます。

355日目を担当するのは理学療法士のゆーすけです。

上腕骨近位端骨折の患者様を担当した時にどのような基礎的情報を収集すればいいか困る人

「上腕骨近位端骨折ではどんなことを確認すればいい?…。手術方法の違いって?…。手術後はどんなことを確認すればいい?…。」

こういった疑問にお答えします。

★はじめに

上腕骨近位端骨折は高齢者で骨粗鬆症を基礎にもつ患者様で発症することが多く、臨床上でも大腿骨頸部骨折・圧迫骨折・橈骨遠位端骨折と並んで遭遇することが多い疾患ではないかと思います。
今回は上腕骨近位端骨折において術前にどのようなことを確認すべきか、手術方法の違い、術後はどんなことを確認すべきかについてお伝えしていきますので、是非最後までお付き合いください。

★術前に確認することは?

術後のリハビリを進めていくためにまず知っておくべき情報としては術前の骨折の仕方です。

この続きをみるには

この続き: 1,854文字 / 画像2枚
記事を購入する

上腕骨近位端骨折のリハビリで確認すべきポイント

脳外ブログ 臨床BATON

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!