知ってるようで知らない回復期リハについて 【看護・介護10か条】編
見出し画像

知ってるようで知らない回復期リハについて 【看護・介護10か条】編

こんにちは!

231日目担当は佐賀の急性期病院に勤務しています『小徹』です。

本日も臨床BATONをご購読いただきましてありがとうございます(^^♪

今日は、『知ってるようで知らない回復期リハ』についてお話しさせていただきたいと思います!

🔳自己紹介

画像4

改めてですが、この記事を書いている私は臨床経験は今年で15年目のPTです。

生活期(3年)⇒回復期(10年)⇒急性期(2年)といったように、急性期から生活期までのすべてのステージを経験してきました。

中でも回復期は10年間と一番長く経験してきた時期でもあり、様々な体験・経験をしてきたため、今回の記事は私の経験談を中心にお話しさせていただきます。


🔳この記事に関して

画像1

【この記事を読んで欲しい方】
急性期、生活期で勤務していて回復期のことをあまり知らない方
同じ回復期で勤務しているが、他の回復期をあまり知らない方
回復期への就職・転職を考えている方

今日の記事はこのような方々を対象に書いています。

【この記事を読むメリット】
回復期リハへのイメージがある程度、明確化できる
具体的にどのような取り組みを行っているかを知り連携が図れる
回復期で働きたいという方は自分に合っているかイメージ出来る
いいな!と思う取り組みは実践して患者さまに還元できる

このように考えています。

画像3

またここでは、回復期リハ病棟がどのような基準があるかなど施設基準的な説明は割愛します。

回復期リハ病棟は、2020年11月現在で全国に1,560の病院内に約1,250病棟、約89,000床整備されています(回復期リハ協会より)

疾患も様々ですが、私の勤務していた回復期病棟は約8割近くが脳血管障害の方でしたので、脳血管疾患の回復期リハを中心にお話しします。

予め断っておきますが、記事内容にある回復期は全国的に共通な点と、私の勤務した回復期病棟ならではの部分が混在しています。

ですので、すべての回復期病棟が同じ意識で同じ動きをされていることはありませんので、ご承知おき下さい。



🔳知っていますか?看護・介護10か条

画像4

この言葉、回復期リハで勤務している方はご存じだと思います。

私は生活期リハから回復期に転職するまで、この言葉は知りませんでした。

実際に勤務し始めて学んだのですが、この10か条よく知っていくと衝撃的な内容なのです。

この続きをみるには

この続き: 2,727文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは週2日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

または、記事単体で購入する

知ってるようで知らない回復期リハについて 【看護・介護10か条】編

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!