淀川コーエン

映画を見たり海外ドラマを見たり本を読んだりミシンをかけたり猫と戯れたり箱ワインを飲んだ…

淀川コーエン

映画を見たり海外ドラマを見たり本を読んだりミシンをかけたり猫と戯れたり箱ワインを飲んだり飲まれたりの日々を綴る「まんざらでもない日記」です。2023年12月にWordpressからnoteへ引っ越してきました。どうぞよろしくお願いします。

マガジン

  • 映画感想

    観た映画の「ザックリとしたあらすじと見どころ」です。 ほぼ洋画、ヒューマンドラマ多め。感想は若干の偏愛を含んでいます。基本ネタバレなし、1500文字程度の読みやすいサイズとなっておりますです。

  • まんざらでもない日記

    映画日記、読書感想、その他込々の日記です(2~3/週更新)

  • 映画レビュー索引

    映画レビューのタイトル索引です。

  • 読書感想

    読んだ本の感想です

  • 映画まとめ、コラム

    好きな映画、おすすめの映画についてまとめたり語ったりしたものです。少々長くなってしまいました。

最近の記事

  • 固定された記事

スクート・マクネイリーが出演する映画・ドラマ

私が好きな俳優の一人、スクート・マクネイリー。その出演作品と見どころをザックリまとめました。 スクート・マクネイリー出演映画まずは映画から。 映画『モンスターズ/地球外生命体』(2010年) 2001年から俳優としてのキャリアをスタートしたスクート・マクネイリー。最初の主演映画がこの『モンスターズ/地球外生命体』です。 メキシコ上空に謎のモンスターが襲来するというSF映画。 モンスターがなかなか全容を表さないという低予算感のある作品です。マクネイリーは危機迫る中、アメ

    • 【映画日記】アカデミー賞を予想する気にもなれず

      2024年2月24日 例年ならそろそろアカデミー賞の予想でもー、とウキウキする時期だけど、今年はなぜだかその気になれず、ひたすら自分が見たい映画を見る日々。 『ジャングルのけもの』(2022年)MyFFF(マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル/今年で14回となるフランス語圏最大のオンライン映画祭)で紹介された1作。 ある出来事の到来に備えて25年もの間、ナイトクラブに通う男と誘われて共にする女。 原作はヘンリー・ジェイムズの短編で、何かよからぬことに見舞われるので

      • ブラッシュアップとエブエブと登美彦

        2024年2月21日 昨年話題になっていたドラマ『ブラッシュアップライフ』(2023年1月~3月/日本テレビ系)をNetflixで見た。 交通事故で30代で人生を終えた主人公・麻美がもうちょっと良い人生にしたいという願いから生き直すという話(超ザックリ、スイマセン)。 あの世の受付で来世は何に生まれ変わるのかを告げられる。麻美は来世はオオアリクイと言われるが、もう一度”麻美”をやり直す道もあるという。そちらを選んだ麻美は、来世も人間として生まれ変われるよう1周目の人生の

        • 【映画日記】呪いを解く『ポップスが最高に輝いた夜』

          2024年2月19日 Netflixで配信されている映画『ポップスが最高に輝いた夜(The Greatest Night in Pop)』を見る。 1985年の大ヒット曲『ウィー・アー・ザ・ワールド』の舞台裏を描いたドキュメンタリー。アフリカを飢餓から救おうというキャンペーンにアメリカの有名ミュージシャンたちが集結した。その牽引役のひとりライオネル・リッチーほか、参加ミュージシャンであったブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス、シーラ・Eなどが当時を振り返る。

        • 固定された記事

        スクート・マクネイリーが出演する映画・ドラマ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 映画感想
          淀川コーエン
        • まんざらでもない日記
          淀川コーエン
        • 映画レビュー索引
          淀川コーエン
        • 読書感想
          淀川コーエン
        • 映画まとめ、コラム
          淀川コーエン
        • 批評を独学する
          淀川コーエン

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          特定保健指導を受けてみた。誰かに聞いてもらうことの効用

          2024年2月16日 今年やりたい10のことのひとつ健康診断を1月に受けた。 その結果「特定保健指導」の対象となり、先日それを受けてきた。 ザックリいうとメタボ、内臓脂肪症候群なので生活改善が必要ですよ、保健師がマンツーマンでそのサポートを行いますというもの。幸いまだ程度の軽い「動機付け支援」のレベルだったけれど、血液検査の結果はいずれも正常値をギリ超えていた。 最後に健診を受けてから7,8年になるだろうか。その間、仕事を辞めて、コロナ禍もあって家で過ごすことが多くなり

          特定保健指導を受けてみた。誰かに聞いてもらうことの効用

          【映画日記】CGがない時代のエモい画に惹かれる

          2024年2月13日 日本映画『ゴジラ-1.0』がアカデミー賞視覚効果賞にノミネートされ話題に。CMで見る、海上で襲ってくる(のかな?)ゴジラのド迫力はたしかにすごい。ぜひ受賞を。 とはいえ、この手の映像スゴイ系映画にはほとんど食指が動かない。 それよりも、CGがない時代にどうにかして取られたエモい画に惹かれてしまう。 今日の映画日記はそんな3本で。 『赤い影』(1973年/イタリア・イギリス) 幼子を不慮の事故で亡くした夫婦の身に起こるオカルトサスペンス。監督はト

          【映画日記】CGがない時代のエモい画に惹かれる

          高反射スクリーンと古ローチェストの模様替え

          2024年2月10日 突如としてやりたくなるのが部屋の模様替え。 今の部屋に関する懸案事項の一つが、ホームシアター(と言うほどのものでもないけれど)のスクリーンの見え方。 ちょっと前に既存のスクリーンの上に「高反射スクリーン」というものを貼ったところ、黒がグッと締まってかなり見え方が良くなった。が、「高反射スクリーン」のポテンシャルはこんなもんじゃなかった。真正面から見るともっと鮮やかに美しく見えることに気づいてしまった。 スクリーンを仰ぎ見ている現状を真正面から見る

          高反射スクリーンと古ローチェストの模様替え

          侮辱発言への対応の”正解”を探る

          2024年2月4日 麻生太郎氏の失言問題。今回は、とある講演会の壇上で発した上川外務大臣に対するコレ。 なんなんだコレは……。褒める文脈の中に織り込まれたエイジズムとルッキズム。そういった”今ドキ”の切り取り方をせずとも普通に失礼な発言。しかも本人のいないところで。 が、この一件でもっと気になったのは、上川大臣の反応に対する世間の反応。 記者会見でこのことについてどう思うかとの質問に、 と答えた上川大臣。いつもの口調、表情を崩すことなく毅然とした対応に見えた。が、こ

          侮辱発言への対応の”正解”を探る

          辛い気持ちのはき出し方

          2024年2月1日 1月19日に1匹亡くしたばかりなのに、31日にもう1匹逝ってしまった。 長く糖尿病を患い、食べても食べても栄養を吸収できないガリガリの身体で、それでもお腹がすくのか、いつも食べ物を欲しがって戸棚を開ける音がするとどこからでも駆け寄ってきていた。そんな猫がご飯を残すようになり、やがて見向きもすることなく、動かなくなった。 先に行った猫の亡骸のそばを離れなかったのは、自分ももうすぐだとわかっていたからだろうか。なんてことを思いながら旅立ちを見送った。 1

          辛い気持ちのはき出し方

          2024年1月の「まんざらでもないまとめ」

          2024年1月 元日に石川県能登地方で起きた大地震ほか、個人的にも愛猫の死があったりで心穏やかではいられなかった今月。そんな心の内をはき出しておく「今月のまんざらでもないまとめ」です。 石川県で震度7 能登半島地震(1月1日)令和6年1月1日午後4時10分 石川県能登地方を震源とする最大震度7の大地震が発生した。29日現在、238名の死亡が確認され14,000人以上が避難生活を送っている。 東日本大震災(2011年)や熊本地震(2016年)の記憶も強く残るなかでの大地震

          2024年1月の「まんざらでもないまとめ」

          ドラマ三昧の日々

          2024年1月28日 あいかわらずやる気の出ない日々。 気持ちと行動は行動が先、という。このままやる気が出るのを待っていてもしょうがないので、とりあえずなんでもいいからやれそうなことをやることにした。 正月にTV放映されたドラマ『侵入者たちの晩餐』がNetflixにあったのでなんの気なしに見た。バカリズム脚本のコメディ。主人公ほか3人の女性がある目的で女社長宅に侵入する。が、そこに別の侵入者が現れ、出かけていた社長も帰ってきてしまう。それぞれの思惑が交錯するセリフの掛合い

          ドラマ三昧の日々

          【3行日記】ちょっと一服

          2024年1月25日 自分の考えや思いを直に書くのが苦手なので「映画の感想」という体でそれらをはき出しているのに、肝心の映画を見る気がしなくて困る。 ここ(note)への引っ越し後の片付けも済んだので、ちょっと一服しよう。

          【3行日記】ちょっと一服

          【3行日記】猫、旅立つ。

          2024年1月22日 19日に猫が亡くなってしまった。わが家の猫はみなもう老猫。いつどうなっても、と覚悟はしていたけれど、あまりにも静かな旅立ちに悲しさすら追いついていけない。 そんな中ですが、ようやく一応の完成形となった「映画レビュー索引」をアップしました。 やれることを淡々とやる。もうしばらくは抜け殻でいるしかない。

          【3行日記】猫、旅立つ。

          映画レビュー索引 ヤ・ラ・ワ行

          (下線は映画レビュー記事へ、下線のないものは記載の関連記事にリンクします) ヤやさしい本泥棒 ヤング・アダルト・ニューヨーク ユ夕なぎ(【番外編】書けなかった映画レビューを蔵出し!) ユーロビジョン歌合戦〜ファイア・サーガ物語〜 誘惑のアフロディーテ ヨ善き人のためのソナタ 夜に生きる ラ羅生門(【番外編】書けなかった映画レビューを蔵出し!) ラストナイト・イン・ソーホー ラブ・アゲイン ラリー・フリント(日記「今こそ必見の映画・ほか」) RUN ラン・ローラ・ラン

          映画レビュー索引 ヤ・ラ・ワ行

          映画レビュー索引 マ行

          (下線は映画レビュー記事へ、下線のないものは記載の関連記事にリンクします) ママドンナのスーザンを探して マーゴット・ウェディング マーサ、あるいはマーシー・メイ マイ・バック・ページ(『マイ・バック・ページ ある60年代の物語』川本三郎 「取材記者」と「K」と「あの事件」) マイ・ハッピー・ファミリー マイアミ・バイス マイケル・コリンズ マギーズ・プラン マグノリア マクマホン・ファイル マザー! マジック・イン・ムーンライト マダム・フローレンス! 夢見るふたり マダ

          映画レビュー索引 マ行

          映画レビュー索引 ハ行

          (下線は映画レビュー記事へ、下線のないものは記載の関連記事にリンクします) ハher/世界でひとつの彼女(映画の名シーンが再現できなくなる未来 『幸せの黄色いハンカチ』と『her/世界でひとつの彼女』) パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(『JFK』だけじゃない ケネディ大統領関連のおすすめの映画) バース・オブ・ネイション バード・ボックス バード・ボックス バルセロナ(【映画日記】映画『バード・ボックス バルセロナ』を見る・ほか) バーバー ハーフ・オブ・イット:

          映画レビュー索引 ハ行