安田ノリ
東京サウナ通信…エンゼルグランディア@越後中里
見出し画像

東京サウナ通信…エンゼルグランディア@越後中里

安田ノリ

前回の記事では、長野県白馬のサウナをお伝えしました。

#東京サウナ通信 とか言うけど、東京のサウナちゃうやんか!

というツッコみはもちろん受け付けます。

なぜなら、今回ご紹介するのサウナも、またまた都内のサウナ施設じゃないからです(笑)

白馬に続いて、次は新潟県の越後湯沢へ行ってきました。正確には、越後湯沢駅からバスで15分ほどいった、エンゼルグランディア越後中里というホテルです。

小さい子供連れの家族に適したホテルなんですが、スキー場(めっちゃ小さいですが)が目の前にあり、スキー場への利便性はめっちゃ高いです。

うちの息子もスノーボードをやり始めたものの、まだこれが二回目のスノボー旅行なので、スキー場の広さではなく利便性を重視してこちらにしました。

あっ、ごめんなさい、サウナを紹介するnoteだったのに、スノボの話になっちゃった(笑)。

個人的な感想

さて、サウナの話に戻ります。

ファミリー向けホテルということで、期待してなかったんですが、サウナはめっちゃ良かった…。本館とアネックス館があって、両方に浴場があるんです。そして、両方にサウナがあったんです。

本館 ー ホテルのHPより
アネックス館 ー ホテルのHPより

残念ながら、アネックスのサウナは時間が足りず入れなかったんですが、本館のサウナを存分に楽しんできました。

白馬も越後湯沢も、雪に囲まれて外気浴するの、たまんないな。

概要情報

サウナ・水風呂の温度や種類、混雑状況、コロナ対策、客層、スマホ持ち込み可不可などのまとめです。

場所 : ホテルエンゼルグランディア@新潟県越後中里
訪問日時: 3/5 16:00
値段: 宿泊者無料
予約要否: 不要
サウナ室温度: 85℃
サウナ室数: 2室(大浴場が2つあり、それぞれにサウナ室ある) 
ロウリュ: なし
水風呂: 不明(たぶん18度くらい)
寝そべりイス: なし
外気浴: あり(椅子はないけど、露天風呂のわきに座れる)
アメニティ貸出: タオル
混雑状況: ボクと数名
スマホ持ち込み: なし
サ飯: レストラン。

個人的な仮想

サウナ室に入ると、何名かの方と一緒になりました。ファミリー向けのホテルだからみんなお父さんなんなだろうな、娘はママに預けて一人で風呂入りに来たのかな、とかオレみたいに自分だけ先に風呂入りに来て息子は部屋で夕食を待ってるのかな、とか考えちゃいました。

そのサウナ室の温度は比較的マイルドな感じ。10分だとちょっと短く感じたので、12分ほど入りました。ホテルは子供連ればかりでワイワイガヤガヤしてますが、サウナ室ではそんな喧噪からは距離を置いて、お父さんが一人時間を存分に楽しめる感じでした(笑)。もちろんボクも。

サウナ室を出ると、すぐ横に水風呂があります。温度計はないけど、たぶん18度くらいかな。もう少し温度は低い方が良いなぁと思ったけど、これはこれで気持ちいい。いや、ほんとは気持ち良いと思うよりも冷たさがあった方が、この後の外気浴にはいいんだろうけど、これはこれで良し。

さて、肝心の外気浴。来ました、メインディッシュです!

残念ながら、ととのうためのイスはありません。
ベンチもありません。

でも! 露天風呂があります。

そのわきに何とか座りました。

やばい、最高…

筆者の心の声

なんなんでしょうね、あの雪が降り、雪に囲まれた環境での外気浴。

たまりません…。

上野の北欧のように、ビルの隙間から青空を見るのも気持ちいいですが、なんだか今年の冬は雪に囲まれた中での外気浴の魅力に取りつかれてしまいました。

まとめ

みなさんが想像される通り、確かにそんな環境での外気浴は寒いです。横になってられるのは5分くらいのもんです。でも、その数分だけでも、絶好調なととのいタイムを得られるので、ぜひおすすめしたい。

というわけで、本日はファミリーホテルの浴場にあるサウナについてご紹介しました。

越後湯沢へのアクセスが良い場所で、子供とスキー・スノボー旅行をしたいけど、どうせならサウナがあるとめっちゃ嬉しいなぁ、というお父さん向けのご紹介でした(笑)

引き続き、不定期ではありますが #東京サウナ通信 を更新していくので、ぜひこれからもよろしくお願いします ^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!😎
安田ノリ
「東京サウナ通信」と「汁なし担々麺放浪記」、そして「仕事と家庭の両立」というnoteマガジンを書いています。サウナ、汁なし担々麺、そして如何に仕事で価値を出しつつも、家族時間も充実させるか。ボクも悩みながら、参考になったモノ・コト、工夫を発信します。