見出し画像

2月個展「繰り返される物語」開催

詳細

5年ぶりに個展を開催させていただくことになりました。場所は恵比寿のMEM.incです。初の絵画での個展です。ぜひ見に来てください。

画像1

タイトル:ババ抜きかもしれない

会期|2020年2月6日(木) – 3月1日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

アーティストトーク / オープニングレセプション
日時|2月8日(土) 18:00 〜
ゲスト|本田健 (画家)
会場|MEM
参加費|無料
*過去の映像作品の上映もいたします。(約30分)
*トーク終了後にオープニングレセプション開催

アーティストトークゲスト:本田健

アーティストトークには本田健さんをお迎えいたします。日曜美術館をみていらっしゃる方はご存じと思いますが、一言で言ってしまいましょう!

すごい画家さんです(笑)

もうちょっと学際性のある説明の方がいいかもですが、なんといえば伝わるのか、とりあえず絵を見てください。

画像2

タイトル:山あるき 十二月

これが彼の作品です。紙にチャコールペンシルで描いていらっしゃるんですが、でかい!

画像3

でかいんです!

彼は岩手県に住んでいらっしゃいまして、山を散策しながら写真を撮り、アトリエに持ち帰って1年かけて絵を描いています。

画像4

近寄ったらこんな感じ。間違いなく手で描いている。写真じゃない!

・・・すみません、どシロートみたいな説明の仕方でm(_ _)m

私は彼から絵についていろいろ教わっている身なのですが、今回オープニングに来ていただけることになりました。いつも本田師匠と話しているのは絵具についてです。絵具がこんなにも絵に影響するとは!さすが師匠!!!いろんな画家さんに是非聞きにきていただきたいです。

・・・すみません、すごい!くらいしか言ってませんね。

過去の作品上映について


私はいろんな形態の作品を発表しております。今回は毎年開催される東京都写真美術館主催の「恵比寿映像祭」関連企画で個展とオープニングレセプションを開催します。そこで過去に発表したストップモーションアニメーションを2月8日(土)にだけ上映します。こちらも是非見に来てください。京都に住んでいたころに作っていたもので、自分の体と触覚性を題材に制作していました。

恵比寿映像祭:ラウンジトーク

地域連携プログラム 
山口典子(美術家)/石田克哉(画廊主[MEM]
「時間を比べる――作家の人生/作品」

日時:令和2年2月15日(土)16:30‒17:30
会場:東京都写真美術館2Fロビー
入場:無料

東京都写真美術館では「時間を比べる」をテーマに画廊主の石田さんと話をします。昨今AIに対してビジネス業界ではアートと哲学がうたわれておりますが、普段デジタルアルティザンという会社に所属している私は、それをもとに「自分で考えた自分の仕事」を業務にしています。社会の動きと、作家の人生と、作品の動き方。そんな話を1時間程度したいと思っています。こちらも是非☆

のりこ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキをありがとう🥰
9
現代美術家です。デジタルアルティザンに所属しながら作品をいっぱい作っています。