見出し画像

成就しない恋という、かけがえのない幸福

さくら事務所は今日、25歳のお誕生日でした。
そして創業者である長嶋から、私が社長のバトンを受け取って10年になります。

子どもの頃からあらゆる記念日やイベントとは縁遠い生活を送ってますが、この記念日は特別で、
ご依頼者やいつも応援してくださる方々、そして戦友である仲間たち、さくら事務所グループにとって、私にとって、とても大切な人たちとお花見をしました。

はかったみたいに今日、満開になった桜に神楽まで重なった奇跡に、皆さまと大はしゃぎでいろんなことを語り合えた至福の時間。

思えば創業からも、私がジョインした22年前からも、ずっとずっと、すこやかなる時も深い奈落の底でも、
どんな出会いや出来事も、たったひとつでも掛け違えてたら今という時はなかった、そんな不思議でありがたい奇跡の連続で今日この日があります。

数人でふんばる会社にやっと仲間ができてもすぐに去るほど経営も何もかもが未熟で失敗だらけだったし、
毎日のように業界から誹謗中傷や脅迫、嫌がらせがあったし、

入居してた雑居ビルは防犯性ゼロなうえに幽霊が出るって噂で、近所のジョナサンとデニーズはしごが徹夜の仕事場だったし、

「今夜もまだ頑張るぞ!よしオレが奢る」と長嶋が連れてってくれた吉野屋でお財布忘れたと逆に奢らされたし。

徹夜明けで着替えに帰ろうとしてつい電車で居眠りし、目が覚めたらクレヨンしんちゃんのまちで、このまま東武動物公園に運ばれると知ったときの肉体ダメージと、

「さくら事務所」と検索したときの検索サジェスチョン2位が「さくら事務所 大西 ブス」だとわかったときの精神ダメージは、

若げの至りな根性でなんとか乗り越えましたが、今は気づけばもう50代です。大丈夫、まだ肩はあがる。

それなのにいつのまにか、

情熱やたしかに見えてるはずの理想に現実がなかなか追いつかなくて、望んだことを形にする力も経験値も足りなくて、

いろんな理由でどんどん人が去ってった会社には、食らいついて肩を貸し続けてくれる心優しい仲間が増えていって、

ただでさえ業界から憎まれる「不都合な真実」を伝える仕事で、人から「お願いだからエゴサはしないで。心が壊れる」と、そう言われたらつい気になって見ちゃうアドバイスをいただくくらい、
会社以上に、女性・若手・未経験というマイノリティから私への中傷もすさまじかったのが、

会社も事業だけじゃなくYouTubeやSNSも、あらゆる活動に、大きな大きな、あたたかい応援や信頼、期待を寄せていただくようになりました。

これを奇跡以外のなんと表現したらいいのか、この胸いっぱいの感動と感謝をうまくお伝えできる語彙力をもたないのが、もどかしく切ないです。

皆が人に聞きづらいことをGoogle先生に聞いてた時代はもはや、AIやインフルエンサーに投げてみるに変わりましたが、
さくら事務所の検索サジェスチョンは「大西 ブス」から「社長 結婚」になりました。なんでや。

そんなに多くの方が私の結婚について貴重な好奇心と疑惑を使ってくださってるようなのに、そこだけあらゆる変化に抗い続けてて恐縮至極ですが、

22年前の偶然の出会いから、無謀で捨て身で無策な冒険の22年間ずっと変わらず、

ともに冒険してくれる今や全国、グループに150名超となった愉快でチャーミングな仲間たち、信頼し頼ってくださるご依頼者さま、応援してくださる愛に満ちた方々に、
そして成就はしない「ビジョンの完成」という長い春に、人生かけて夢中で恋し続けられたことはとても、とても幸せでした。

皆さま、改めて今まで本当にありがとうございました。

25周年の今年は今日のお花見を皮切りに、いろんな御礼イベントなどやっていきますので、よろしければまたどこかでご一緒してください。

皆さまと不動産との関係が、いつもずっと、これからも、より幸せでありますように。
100年続く、愛に満ちたものでありますように。

この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,936件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?