見出し画像

サマルカンドブルーに染められて(ウズベキスタン・サマルカンド)

トルコからウズベキスタンへ渡って早6日目。「ウズベキスタンに来たならぜったいに行った方が良い!」と地元の方から熱いラブコールをもらった町「サマルカンド」へ足を運ぶ。
タシュケントからは列車で4時間(早いやつだと2時間で着くみたい)揺られて到着しました。

サマルカンドブルーと呼ばれる青があることは知っていたのだけれど、ネットやパンフレットを見るとあまりの青さに「流石にここまで綺麗ではないだろうなあ」と加工の力だろうなあと斜に構えていたのだけれど、実際に足を踏み入れてみて驚いた。鮮やかなブルーの世界がそこには広がっていた。

もちろん私も少し、フィルターをかけたりしているのだけれど、とにかく青い。「綺麗だねえ」と呟いたあとにシャッターを切って、「綺麗だねえ」とまた繰り返してしまう。それ、もう何回目なの?と友人に笑われながらも、夢中でシャッターを切る。
いつの間にか、メモリーカードがいっぱいになってしまって、慌てて取り替える。

特に「シャーヒ・ズィンダ廟群」の美しさといったらもうたまらなくて、短い滞在中2度も足を運んだ。美しいって、こういうことなんだなあ。

この写真達は、マイナビニュースさんに取り上げてもらいました。
絶対におすすめしたい場所だから、本当に嬉しい。

今はサマルカンドからブハラという場所に移動してきました。
サマルカンドと打って変わって、土っぽい色の街。
どんな景色に出会えるかな。

楽しみに、今日は早寝します。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
古性のち

いつもありがとうございます。いただいたサポートの一部は書く力の原動力のおやつ代、一部は日本自然保護協会に寄付させていただいています。

今日も良い1日になりますように*
フォトグラファー / 物書き。珈琲ブレイクのようなホッとした時間を綴ってます。たまに写真の話。