見出し画像

ぼくが規格外野菜の流通事業を行う3つの理由

こんにちは。
農業企画の細越(ほそごえ)です。
先日書いた台風19号で被災したりんご農家へのボランティアレポートが、noteのおすすめにも載せていただいたこともあり、多くの方に読んで貰えいます。少しでも現場の様子が伝われば良いな、と思っています。

今回は株式会社農業企画の1つの事業であるご縁野菜について少し説明させてください。

ご縁野菜では、主に規格外野菜を介して下記2つのご縁を作ることが出来ればと思っています。

・農業に縁が無い生活者と農家
・近隣住民と関係が希薄な都市生産者

いままではSNSの力を借りていましたが、これからはスモールコミュニティをたくさん作っていき、そのコミュニティに情報を流すようにしていきます。

ご縁野菜とLINEで友達になって貰えば不定期ながらも情報を流させていただきます。ぜひとも友達追加お願いします!

▼LINE友達追加先リンク
http://nav.cx/tmoKrj1

きっかけ

きっかけは北海道の農家の友人からの一言。
「出荷しても買い取ってもらえない長芋がある。おれは絶対売れると思うんだけど、500kgどうにかならないかな?」

とにかくこの状況を多くの人に知って貰いたいと思い、FBで呼び掛けてみると多くの反響があり500kg捌けることが出来た。そして友人の農家からも買ってくれた人からも感謝された。

理由1:傷があろうが、見た目が悪かろうが美味しいものは美味しい

ぼくはアメリカに1年半、フランス、ベトナム、タンザニアに2ヶ月ずつ農業留学の経験がある。特にアメリカでは農場で働き、週末はファーマーズマーケットで販売の仕事をしていた。その経験から下記2点を声を大にして伝えたい。

・傷アリでも、見た目が悪くても、ちゃんと美味しい
ファーマーズマーケットに来るお客さんの多くは見た目を気にしていなかった

下記画像はぼくの2014年に書いた卒業論文からの引用になるが、ファーマーズマーケットのお客さんに「なぜファーマーズマーケットに買いに来るのか」という質問の回答をまとめたものだ。

スクリーンショット 2019-10-21 23.20.05

母数は少ないが「地元の農家を応援したい」がファーマーズマーケットで買う理由の2位に来ていることが衝撃だった。ちなみに日本のマルシェでも同様のアンケートを行ったところ1位は同様に新鮮さであったが、2位以降は値段や、見た目などであった。

もしかしたら、一流のシェフであれば些細な味の違いを感じられるのかもしれないが、『ミシュランガイド東京2019』に掲載している飲食店は484店鋪しかない。それ以外の一般的な生産者には些細な味の違いは必要ないのではないか?

なぜなら、新鮮であればどちらも美味しいからだ。

理由2:生産者の所得向上に少しでも貢献する

傷アリや見た目が悪いものだと、いわゆる規格外品と捉えらて安く買い叩かれること加工用としてタダ同然で引き取られることも珍しくない。また、買い手が見つからなければそのまま廃棄の場合もある。

それをご縁野菜では基本的には青果のまま to Cで流通させる。
その際に大切にしていることは規格外野菜が生まれた背景である。

・生産者の想い
・なぜ規格外品になってしまったのか
・規格外野菜の量はどのくらいあるのか...etc

しっかりと理由を説明すれば、理解して購入してくれる人はいる。
仮にいままで棄ててしまっていたものであれば、所得向上の一助になる。


理由3:困っている人が目の前にいるのに助けない理由はない

約5年前にはじめたこの事業。
ぼくのところに相談をしてくれる農家さんは困っている。
完全にエモーショナルな話になるが、ぼくは目の前に困っている人がいたら助ける。

まだまだ細々とした事業であるがいままでの実績の1部は下記の通り。
合計で約3トンのマッチングを行っている。

▼青果
・長芋 
・プラム
・リンゴ 
・マンゴ ー
・ほうれん草 
・小松菜
・野沢菜
・桃
・キウイ
・もち米
・トウモロコシ
・人参
・さつまいも...etc

▼加工品
・無添加野菜スープ 
・りんごジュース
・りんごジャム...etc

今後の展望

事業をはじめた当初はSNSで拡散をしてもらっており、最高で150を超えるシェアを貰ったりしていた。しかし、最近SNSでの拡散力も減っていることから、小さなコミュニティをいくつも作っている。

現在は300人ほどのコミュニティに定期的にご縁野菜の情報を流し、買い取って貰っている。ちょうどこの記事を書いている最中も台風で気付いたりんごのジュースが100本売れたところだ。

ご縁野菜は野菜を介して人と人とのご縁を繋ぐことを目的としている。
ご興味があれば、LINE公式をはじめたのでぜひ友達になって一緒に生産者が一生懸命作った野菜を直接受け取ってほしい。

そして、スーパーなどにはなぜ見た目が綺麗な野菜しか並んでいないのかもぜひ考える機会にもなると嬉しい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます! ご縁野菜@農業企画とLINEで友達になって貰えば不定期ながらも規格外野菜の情報を流させていただきます。ぜひとも友達追加お願いします! ▼LINE友達追加先リンク http://nav.cx/tmoKrj1

ありがとうございます!!!励みになります!!!
14
【社会に農のエッセンスを。】 やまごえ農業企画は、農業と社会を繋ぐユニットです。 「学ぶ・遊ぶ・伝える・見つける」を軸に様々な会社・事業に農のエッセンスを加えた企画を提供します。

こちらでもピックアップされています

ご縁野菜
ご縁野菜
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。