noel@少し未来(Sukoshi Future)
パーソナルデータプラットフォーマー(PDP)覇権争い 〜情報銀行
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

パーソナルデータプラットフォーマー(PDP)覇権争い 〜情報銀行

noel@少し未来(Sukoshi Future)

21世紀の石油とも言われるデータ。石油や電気のようにデータが当たり前に活用される世界には、個人に紐付くパーソナルデータ(PD)の活用が必要となる。GAFAや中国とは異なる方法として、注目される情報銀行について、PDPになり得るのか考えたいと思う。

パーソナルデータプラットフォーマー

現在のデータ活用の中心は、企業が自社データやwebデータなどの様々なデータを集め、AI等の仕組みを用いて、業務・サービスに適用している所である。
しかし、企業がいくらデータを集めてCRMを作り上げようとも、知り得る情報には限界がある。例えばamazonやGoogleを使用された情報は分かっても、違うサイトでの購入やweb以外での行動はわからない。より個人を知るためには、個人を通してのPDを使う必要がある。
その主役になるのは誰か。米国はGAFA等の企業が、自領域を拡大しながらPDに近づこうとしている(スマートスピーカーをそういう目線で見るとおもしろい)。中国は国家主導で国民データを収集・活用している。プライバシーや権利の問題もあるが、コロナ禍の成果で益々進んでいく流れに感じる。
GAFAか国家か。Trustをもってデータを預けられるのは誰か?その候補となる第3極として、情報銀行が考えられる。

情報銀行

情報銀行は、言葉の通り、お金でなく情報を扱う銀行のような存在である。個人はPDを預けて、情報銀行はPDを企業等に融資して、経済にデータを回していく。個人は金利のようなインセンティブを受ける事になる。
個人がPDを預ける情報銀行を選ぶだけでなく、融資先(データ提供先)企業を選べる所に、信頼性が高いと考えられる。

情報銀行のデザイン

上のように聞くと、理想的にも見えるが、机上の空論になりそうな雰囲気もある。夢の実現にはデザインが必要である。
全体デザインを見ると、データ保有企業、データ提供先企業、データ活用企業が周りにいる。また、ただのデータの塊から宝を採掘する必要があり、データ分析・活用提案も必要となる。そしてこのエコシステムを流通する仕組みが必要である。
壮大なデザインであり、1企業でできるモノではない。情報銀行は独占的なPDPでなく、金融銀行のように数社から選ぶ形になるのかもしれない。

サマリ

21世紀の石油と言われるデータを、石油や電気のように活用されるにはパーソナルデータの活用が必要である。そのパーソナルデータプラットフォーマーになるのは、米国型のGAFAか、中国型の国家か、第3極である情報銀行か。
情報銀行はデータを預けて、企業に融資して活用できるようにする仕組みであり、実現には全体デザインを描き、多数でエコシステムを築く必要がある。
今回は語っていないが、PDが集まれば社会課題を解決することにも貢献できる。ぜひ、Data for triGoodで、よい21世紀を実現したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
noel@少し未来(Sukoshi Future)

お読みいただきありがとうございます!お気軽にコメント、スキをいただけると喜びます!全記事のサイトマップはこちら⭐︎ https://note.com/noeldata/n/n15a999015a4d

なんかいいことあったのかい?
noel@少し未来(Sukoshi Future)
データ×デザインでより良い“少し未来(Sukoshi Future)"を創るため情報発信をしています。 データストラテジスト、データサイエンティストとして、企業のデータ活用支援をお仕事としています。 DX、AI、データ活用、データ×デザイン、メタバース、NFT。