見出し画像

企画はラーメンに学べ!その6〜ラーメン二郎のコンセプト

コンセプトがブレないと味もサービスもブレない

ラーメン二郎と、二郎インスパイア系。

二郎系の中でも成功している店とそこそこで終わる店がある。

それは、本質をモデリングできているかどうかの違い。

では、二郎を二郎たらしめる本質=二郎のコンセプトとは?

 

二郎のコンセプト=学生の腹を劇的に満たす一杯 


学生に愛され、東京・三田に移転して不動の人気を確立したラーメン二郎。

店がうまくいかず、この日を最後に店を閉めようと思っていた日…

たまたまやってきた学生が、「若い人にはこってりした味にしなくては」とアドバイスをくれた。

それで、こってりで、野菜てんこ盛りのラーメンを作ったら大評判に!

 

これが、ラーメン二郎のどか盛りスタイルの原点。

ラーメン二郎の一番のお客様は、金がなく、腹を空かせた若者。

だから、野菜を増やすのに追加料金はいらないんですね。

 

ラーメン二郎のコンセプト=学生の腹を劇的に満たす一杯 


これを具現化したのが、

フルボディの豚骨スープであり、

山盛りの野菜であり、

極太の麺であり、

塊の肉であり、

ニンニク入れますか?の問いかけなのですね。


そして、何と言っても、

「食べ切った時の達成感」

これが、二郎が提供する価値なんです!


中途半端な二郎系は、そこのところを踏まえていないんですよね。

食べやすくするための配慮で、少しあっさりさせたり

女性も入りするために、店内を小綺麗にしたり…

これって、顧客サービスなようで、コンセプトをぶらしてしまっている。


コストダウンのためか、野菜増加が有料な店も…これはアウト!

コンセプトが反映されていないので、中途半端な店になってしまうのです。。


コンセプト→カタチに落とす

一方、二郎系で大成功している店は、二郎のコンセプトを踏襲しつつ、

独自の要素を加え、その店らしさを演出しています。

コンセプトを固める

カタチに落とす

この順番が企画には大切!

ラーメン二郎が、他にはない魅力を発揮し続けているのは、コンセプトがキラッと光っているから。


このあり方を見習いたいものですね。


※注:社訓とコンセプトは違います。二郎の社訓は創業者の山田氏がノリで作ったものであり、戦略コンセプトではない。混同してはなりません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コンセプトプロデューサー。コンセプト型キャリアデザインの学校『いきざまカレッジ』主催。企業・個人起業家の企画づくり/社会人・学生のキャリアづくりを提供中。