見出し画像

過去に作成したロゴ紹介①

最近、ライティングを勉強中のキッシーです。


デザインに関して、ド素人だった私…
1から勉強して約2年。
様々な人たちとデザインで関わってきたので、自分を見つめなおす意味でポートフォリオ記事を作成してみました。


今回は、ロゴ編です。
これから頑張ろうと思う人は、一つの参考にしてみて下さい。


Free PT salon

ロゴを初めて作成させてもらったのは、セラピスト向けのオンラインサロン『Free PT salon』でした。

・簡単なヒアリング
・キーワードの連想も少ない
・ラフの数が少ない
・フォントの意味や特徴の知識不足
・イラレ操作の未熟さ
・提案書という物の存在を知らなかった

今だからこそ気づく、自身の反省点…
デザインの世界を知らないこの時、とにかく手探りで色々調べながら作業をしていました。
作業中は、ずっとワクワクと興奮しながら楽しく作ってたのを思い出します。

画像1

当時のラフ案(笑)
自分に絵心がないのを悟りました(;^ω^)


最終的に、クライアントさんには

「フクロウは未来を見通すと言われており、知(賢い)を象徴している」

と説明し、複数ある中から選んで頂きました。

salon最終ロゴ

これをキッカケに、オンラインサロン内では自分の事を知ってもらうようになり、色んな人と出会うようになりました。
ここからデザイナーとしての活動を増やしていく決心もつきました。


ちょっと自信に繋がったロゴ

同業者で若手セラピスト育成の為に、セミナー開催などをされている『connect』さんに依頼されて作成したロゴ。


依頼者との面識がなく、相手の考えている事を文面から読み取らなくてはならず、自然とヒアリングで色々な質問を投げかけ情報収集していました。

相手が求めていたのは
・緩くてアットホームな雰囲気
・スタイリッシュでカッコいい感じ(モンハンの集会所みたいな)

の2点でした。

そこでラフから色んなパターンを作ってみました。

渡部さんロゴ

渡部さんロゴ4

渡部さんロゴ2

この当時の自分にフィードバックするのであれば
・複数のパターンを出してはいるが、同じような系統ばかりで絞っていけば系統が違うのは2パターン
・配色の検討をもっと深くやってみては?

という感じになります。


提案する事の意味や重要性を『NASU』の前田高志さんが、この記事で分かりやすく説明してくれています。

connect』さんと話し合った結果、
最終的なデザインは、こんな感じになりました。

渡部さんロゴ最終

・2か所から電波を発するアイコンを載せる事で複数から情報発信し、共有してもらおうとするイメージ。
・鎖にオレンジを入れたのは、オレンジは「繋がり」を象徴する。
・NとNを合体させることで繋がっているイメージを

という想いを込めて作り上げたロゴでした。


引き出しが少なく、イラレ操作もままならない中でも自身の中では最高の出来栄えだと感じれる作品でした。


デザインの勉強を始めて、駆け出しの時に作成した2作品。
もっと良い物を作りたいと思いながら、時間を忘れて没頭してました。


デザインの世界は、知れば知るほど奥深く、難しいけど楽しい世界です。
これからも色んなデザイナーさんの活動を知り、自身をアップデートしていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
回復期・通所リハ・訪問リハをまんべんなくやっている理学療法士。在宅医療とクリエイティブな事を勉強中。世の中が「心のバリアフリー」になるよう、ベィmagazineを通じて発信しています。https://bei-magazine.com/