見出し画像

前田デザイン室はブレイクスルー出来る場所

どうも、小松菜の花が菜の花みたいな感じであることを知ったキッシーです。


最近、色んな事が片付いて振り返りをしていて

日記という意味で、この記事を書きました。



☆マエボン2作成に参加して


前田デザイン室に入会してから、

大きな経験値を貰えたのは『マエボン2』という雑誌プロジェクト

雑誌作成の経験はあるけど
デザインスキルの低い自分にとっては、プロと一緒に出来る絶好の機会。
絶対に参加してやる!と強い気持ちで参加させてもらいました。


メンバーの皆さんとやりとりしていく内に学んでいく言葉
「マージン・コピー・ラフ…」

聞いた事のない言葉に戸惑いながらも、質問すれば何でも優しく教えて下さるメンバーの皆さん。


今まで頼れる簡単に相談できる環境に入ったことがなかったので、心地よく感じました。
まぁ、良い事ばかりではなく、辛い事もありました…。


それは…
「着地点が見つからない」

デザインには正解がなく、ゴールへの到達が大変!

前田デザイン室概要サムネ2

作れば修正

①マエボン訂正版

さらに修正

マエボン4

アドバイスを貰ってさらに修正

その繰り返しでした…。(修正は軽く10回以上やってたと思う)

たった見開きページ1個だけの事なのに
完全に沼に入ってしまい、どうすることもできない状況…

前田デメンバーのけーらんさんからのアドバイス
「沼に入った時は、今やっているやつを完全に忘れて一からやるのが良いよ」

え⁉今から⁉
提出期限まであと4時間しかないのに?(-_-;)


デザインのエキスパート
青木さんからも色々とアドバイスを貰い、意を決して実行。

言われたことを素直にやってみた
・本物と同じサイズの用紙を用意して一からラフ案を沢山捻りだす
・5つ程度のラフ案からイラレで仮案を作成
・実際にどんな仕上がりになるのか、コンビニに直行して印刷して確認

今まで何日か分けてやってた作業を、たった4時間で…

終わった後は完全に脳内ショート起こしてた(;^ω^)

画像4

担当させてもらったページのラフ案(床一面に広げてたぐらいに焦ってた)


でも、変にこなれて怠っていた工程を見直す事が出来たし
初心に帰れてよかったと思う。

青木さんが教えてくれた言葉に
「イラレはデザインを考える道具じゃなくて、考えたデザインを作る道具」
この言葉を忘れないよう、心に刻みながらこれかもデザインを楽しもうと思います。


好きな事でも大変に感じることは、これからもあるはず。
でも、それが自分にとってのブレイクスルーが出来る瞬間だと分かった。


前田デザイン室は、他では味わえない経験を沢山出来る。
それをするかしないかは自分次第、面白いと思ったら喰らいつこう。


最終的にどんなデザインになったかは、購入してからのお楽しみ!

是非、書店にも置かれるようになったら手に取ってみて下さい。

マエボン2の情報はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
回復期・通所リハ・訪問リハをまんべんなくやっている理学療法士。在宅医療とクリエイティブな事を勉強中。世の中が「心のバリアフリー」になるよう、ベィmagazineを通じて発信しています。https://bei-magazine.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。