見出し画像

忍者、事務職はじめました Vol.8

社長さんが出張から帰ってきたその日、私は久々に出勤しました。

「ハヤクジさん、おはようございます」

「あ、社長さん、あ、シャ社長、チョウさん」

「先ほど、ウカミさんから聞きました。まだ体調が悪いのですか?」

「あ、いいえ大丈夫です。体調というか、メンタル的な部分といいますか」

「それは大変です!入社早々、頑張りすぎてしまったからではありませんか?」

「そういうことではないのですが、今日は仕事を頑張ります!」

「では、今日もお願いします」

そして私は、社長のシャ・チョウさんと2人っきりになりました。

「あの、いいでしょうか?」

「はい?どうしましたか?」

「はい、あの、事務職の仕事について、実は私なりに思うところがありまして、聞いていただきたいといいますか」

「是非、聞きたいですね」

「ありがとうございます」

私は、事務職の仕事は、単純に入力作業をしたり、コピーを取ったり、そんな単純な仕事ではないと考えています。

事業を経営していく際に必要とされる庶務や雑務、それが事務職の仕事です。

庶務や雑務であるため、単純作業が多く、誰にでもできる仕事だと思われることが多いです。

しかし、その全ての作業には意味があり、それが事業経営に欠かせない作業なのです。

また、現場をサポートしたりアシストしたりするポジションでもあります。

現場の職員が事務職にとっての顧客と考えることもできます。

つまり、従業員満足度を向上させることが、最重要ミッションとなります。

忍者である私は、このミッションを達成するために仕事をしています。

「私は、事務職の仕事を、こう考えていますが、いかがでしょうか?」

「ハヤクジさん、素晴らしいです!私の考えていることと、本当に似ています」

「それは嬉しいです。やっぱり、この会社に入って良かったです」

「ところでハヤクジさん、出張でもらった領収証がたくさんありますので、入力作業をお願いします」

この日、私は、単純な入力作業に追われることとなりました。

それから私は、主に単純な入力作業をしながら、少しずつ新しいことも覚えていきました。

また、今まで職場で使っていたデータも、少しずつ改良を加えて、今までよりも効率的に作業ができるようにしました。

事務職は、作業の効率化を誰よりも目指さなくてはいけません。

その分、コスト削減に繋がるからです。

事務職がコスト削減をし、営業職が売上を伸ばすことで、利益率の向上に繋がります。

世の事務職の方は、この辺を意識するだけで、もっといい仕事ができるのではないかと、私は考えています。

現代には、物は溢れていますが、時間の足りていない人が多いからです。

そうこうしている間に、フリータイムアローン株式会社へ入社してから、3ヶ月が経過しました。

この続きをみるには

この続き: 0文字

忍者、事務職はじめました Vol.8

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。仕事に活かせる忍術、馬券回収率を向上させる忍術、タロット占いや手相鑑定と融合させた忍術を発信しています。知ってるでしょう?(・∀・)ノシ--==(((卍

こちらでもピックアップされています

DOKKA-NO-MAGAZINE
DOKKA-NO-MAGAZINE
  • 16本

独暇流忍術オリジナルマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。