見出し画像

会社にもっとも貢献してくれているお客様とは!?

こんにちは
究極のチームビルデイング
(株)next company の リッキーです

前回、の話の中で
「デシル分析」って言葉を出しましたけど
(見てない人は前回の投稿を見ててくださいね)

このデシルを使ったお客様分析
やってますか?

「パレートの法則」という言葉は
聞かれたことがあると思いますが
上位20%のお客様が
売り上げの80%を占めている

と言われています
(僕も色々調べましたが、理美容室だと、上位20%のお客様で売り上げの70%位のお店が多かったです)

デシル1

これはほとんどの会社で当てはまると思うんですけど

このパレードの法則を知ってしまえば
お客様をデシルに分けた時
上位20%にどのお客様がいてるのか?
がとても重要になる訳です

この上位20%のお客様が
売り上げの大半を占めているとなると
1人たりとも失客させられませんよね

又、全体的に1,000円
客単価を上げようとするよりも
この上位20%のお客様に絞って
3,000円の商品をアプローチする方が
成約率が高かったりします

でも
どのお客様が上位20%のお客様なのか?
を知らないと対策も出来ません

よく、ご新規客の失客について
相談されることがありますが

顧客分析をしてみると
デシル上位のお客様を
ダダ漏れ失客させてたりすることがあります

もちろん、ご新規客の失客対策は大事なのですが
このデシルを使ってお客様を分析してみると

次に、どのお客様逹が優良顧客候補なのか?
どのお客様逹がファン予備軍なのか?
が見えてくるので

どこにコストや労力をかければ良いのか?
誰達にどうアプローチをかけていくのか?
具体的に戦略立てれると思いますよ

当てずっぽうに広告費をかけて
ご新規様を集めるんじゃ無くて
ご来店いただいているお客様を分析して

先ずは顧客からマーケティングをしていきましょう
その方が断然、コストも労力を少なく
成果がでやすいと思いますよ


今日はこのくらいで・・・

全力で応援してます!!


👇LINE登録はこちら♪👇
https://lin.ee/ymhbIso



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
究極のチームビルディング 依存を無くして強いチームを作る 経営学の教科書には絶対載らない店長の仕事術 たった90日で業績を1.55倍に回復! 『スゴ腕店長養成塾』 カリスマ塾長のリッキー(増成崇)です