見出し画像

内側を知るためにあえて外に出る。世界へ出よう。世界を知れば日本がわかる。

世界に出て、色んな国を旅して得たものはたくさんあるけれど、そのひとつが「日本を大好きになれた」ということだ。


世界の様々な国を見て日本と比べ、いいところ悪いところをを客観的に考えられた。日本にいるときよりももっと自分たちの国を知りたいと思えたし、本当にいい国に生まれたよなあとしみじみ感じることができた。



世界に出る前までのわたしは、日本に対して少し怒っていた。

真面目で頑張ることが美徳で、価値観が狭くて生きにくい。常識や風習にとらわれてなかなか前に進もうとしない。

そんな風に思っていたし、つまらないと感じていた。だから海外の自由さに憧れたし、日本を出て他の国に住みたいと思った。



海外に住んでみて感じたのは、当たり前だけど物事にはいい面と悪い面があるということ。

たしかに海外の多くの国は自由で陽気だけど、それはつまり不真面目で怠惰な面もあるということでもあった。



真面目で勤勉なことに息苦しく感じるときはあるけれど、それがあるから快適に過ごせる。街はきれいだし、その辺の店で買える料理はどれもおいしく、製品の性能は驚くほど良い。



例をあげればキリがないけれど、当たり前すぎて忘れていたことを、海外での生活が思い出させてくれた。



日本では得られない、色んな経験を得ることが旅や海外生活の醍醐味だけれど、日本を客観的に見つめなおせる、というのも大きなメリットだ。

日本に不満があったり、なんだかつまらないと感じている人こそ、海外に出てみたらいいんじゃないかな。日本っていい国じゃんときっと思えるから。


わたしは今、日本は本当に最高な国だと思えるし、もっと魅力を知りたいと思う。だから日本にいられることが幸せで、楽しい。



中を知るために、外に出る。

外に出ないと、中のことはわからないから。


世界へ出よう。世界を知って、日本を知ろう。

自分の国を好きになれるって、すごく素敵なことだから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Love you!
83
【知ってる知識で英語は話せる】 新しい単語も文法も一切覚えずに楽して英語が話せるようになるオンライン英会話スクールを運営しています(生徒さん募集中!)。毎日インスタのライブ&ストーリーズで英語教えてます:https://www.instagram.com/yukaryn_/

この記事が入っているマガジン

井戸とカリフラワー:日本から見た「世界」、世界の中の「日本」
井戸とカリフラワー:日本から見た「世界」、世界の中の「日本」
  • 410本

カリフラワーに住む虫は、カリフラワーが世界のすべてだと思っている。  ――米国のことわざ

コメント (5)
Naonardoさん、そうですよね。いいところと悪いところって表裏一体だから、むずかしいところでもあり、おもしろいところでもありますよね。それにしてもストって経験がないから、もしそのせいで予定がキャンセルになったらどんな風に感じるんだろう。自然災害のようなものだと思って諦めの境地になったりするんですかね。イタリア人に聞いてみたいです。
そうですね。良いところと悪いところがありますね。

私もストライキって経験ないですね。
予定の内容や本人の性格にもよるんでしょうけど、
「ストで予定キャンセルになったけど、来週に予定を組み直せばいいし、二度寝できるからラッキー。
昼からカフェにでも行って、それからショッピングしてくる」
と本人は言ってました。
(予定は、週末早朝からイタリアの新幹線で移動して、遠くに行く予定でした。近くのカフェには自分の車で)

おっしゃるとおりで、日本人で言うと、台風が来たからしょうがないや。というぐらいの諦めのような感じでした。
Trenìtという鉄道予約アプリには、「次のストライキ情報」というメニューもあるぐらいですから慣れっこのようです。

向こうに旅行に行って、帰国の時とかにストに遭遇してしまうと、たまったものではないですが…。

長文失礼しました。
広い知見を持って冷静に世界を俯瞰して考察してある文章にとても感動しました。
実際に自分の体験したことに裏打ちされている意味のある言葉を文字にしてくれてありがとうございます。
初めてお邪魔しました、わたしも同じような境遇といいますか、、、

日本にちょっとゲンナリ怒っていたときに海外(オーストラリア)へ行って、日本の素晴らしさにたくさん気づくことがありました。それに日本人であることの誇りも感じました。

それを今日この記事を読んで、『あぁ、そうそう』と改めて思えましたし、言葉にしてくださってありがとうございます☺️😭✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。