見出し画像

興味のあることはすべてやってみる。必ずいつか自分の生き方がみつかる。

いまわたしはオンライン英会話スクールを開くための準備を進めているのだけど、スクールを開こうと思うに至るまでには6年ほどの年月がかかった。


20代の頃から「何かがしたい」「何か自分が心から楽しめることをしたい」「好きなことを仕事にしたい」と思うようになった。

じゃあわたしは何がしたいんだろう?と考えて、紙に書き出してみたり、友人と話し合ってみたりして、好きなことを並べてみた。

その中から、できそうなことを片っ端からやってみた。


けれどいまいちどれもしっくりこなかった。思い立ったら突っ込むタイプなので、勢いよくやり始めてみては、「なんか違う…」とやめてしまう。その繰り返しだった。

そんな飽きっぽい自分を、何事も続けられない自分のことが嫌になることもあった。

いつまでたっても「これだ!」と思えるものに出会えないことへの焦りもあった。

だけど本当に好きなものを見つけることを、諦めようとは一度も思わなかった。

いつも何か気になるものを見つけては、「今度こそは!」と思ってトライする。そんなことをやり続けた6年間だった。



そしていまは、「これで生きていきたい」と思えるもの、英語に出会うことができた。そして自然な流れで先生になり、いまは自分の英語のスクールを開こうと思えることができている。

そんなふうに思えるものに出会えたのはすごく幸せなことだしうれしい。けれどそれは今までの約6年間におよぶ、ある種の「自分探し」のおかげなのだと思う。

その時々で、気になることをすべてやってきたおかげで、自分に何が合うのか、合わないのかを知ることができた。

どんなスタイルが自分に合っているのかがわかった。

自分がどんな人間なのかを痛いほど知ることができた。

だから今のわたしがある。今の、大好きなことを仕事にできているわたしが。


はたからみたら、失敗と言われてしまうかもしれない、諦めの早いやつだと思われてしまうかもしれない、続ける根性のないやつと思われてしまうような生き方でも、たくさんのことにトライし、あきらめ、また探し、トライすることを繰り返してきたおかげ。


そこに至るまでには壁がたくさんあって、強く当たりすぎて大怪我したこともあったけれど、一度も自分が生きる道を見つけることを諦めず、しぶとく探し続けたことは、わたしの私自身への自信になっている。


探し続けよう。いろんなことにトライしよう。

自分を諦めずに生きよう。

そうすれば必ず見つかるから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Hope you have a nice day!
339
【知ってる知識で英語は話せる】 新しい単語も文法も一切覚えずに楽して英語が話せるようになるオンライン英会話スクールを運営しています(生徒さん募集中!)。毎日インスタのライブ&ストーリーズで英語教えてます:https://www.instagram.com/yukaryn_/

この記事が入っているマガジン

みなさんのnote集めました
みなさんのnote集めました
  • 875本

ステキなクリエイターさんのnoteをまとめています! ほっこりするもの、感動したもの。いろいろ詰め込んでいます。

コメント (10)
ゆかりんさんへ、、ゆかりんさんのコメント読んで誘発されました。、私の夢をゾゾの前澤社長のノートに書いたコメントコピペして、私のAI速記ノートにコメントとして貼りました。よかったらチェックして下さいね。次のノートはこれにしようと思います。私は格差縮めたい〜
私もゆかりんさんの様にずっとやりたい事をやって生きてきましたが、不安に思ったこともありました。でもこの動画に出逢って、私らしくそのまま生きようと迷いがはれました。
https://www.ted.com/talks/emilie_wapnick_why_some_of_us_don_t_have_one_true_calling?utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare&fbclid=IwAR2qx52edgvF7my2qqZKFxCHemot1FquZQZtASMLRPFqvmZWlxhDuSJX4wY#t-547481
良かったら見てみてください。
私たちは、マルチ・ポテンシャライトです。
私もまさにそう思っている20代です。
まだ模索中ですが、そのために興味のある事をとことんやろうとしているところです。
とてもタイムリーな記事でしたので思わずコメントしちゃいました!
初めまして。noteを楽しく読ませて頂きました。
正直、自分のことを書いてるかのように、記事の内容と考え方に共感を抱きました。

僕も未だ色々もがいてますが、自分を信じてこれからも歩みます。

素敵な記事ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。