Night Design Lab

「Night Design Lab」は、新たなる「夜の価値」を探す研究機関です。国内外のナイトタイムエコノミー事例やナイトカルチャーに関わるキーパーソンへの取材、ナイトタイムの課題や新しい楽しみ方の提案、インサイトの発信を行います。https://newskool.jp/

「音楽」を通じて、江田島の文化と自然を体感する一泊二日の旅──「煩悩 #BornNow 江田島」が5月14日から15日に…

「誰もが楽しめる夜をつくる。」をミッション掲げる私たちNEWSKOOLは、2022年5月14日(土)から 15日(日)にかけて、一夜限りのリトリート旅「煩悩 #BornNow 江田島」を開…

1か月前

2022年、ナイトタイムが向かうべき旗を立てるために:NEWSKOOLが注力する「5つの機会領域」

2020年から2021年は、「都市に人が集まることの意味」を考えさせられました。パンデミックにより大きく生活様式が変化した結果、都市に人が集うことは少なくなり、オフィス…

4か月前

24時間都市のためのイノベーション ──「GLOBAL NIGHTTIME RECOVERY PLAN」を読み解く

Covid-19により2021年現在の私たちの生活は一変しました。「ナイトタイム」への制限が顕著になっている中、私たちが暮らす都市の「夜の時間」が活気を取り戻すためには、ど…

4か月前

「ブランドづくり」と「オペレーション改善」の両輪で、“ディスティネーションになる宿”をつくる:「瀬戸内リトリート青凪」を…

「宿は建てて終わりではなく、そこがむしろ出発点である」。温故知新の精神のもとに、地域を豊かにする宿のあり方を模索する株式会社温故知新。 同社が手掛ける初のブラン…

5か月前

法制度や規制を“乗りこなす”ための「パブリックアフェアーズ」の可能性──マカイラ所属コンサルタントと考える「社会を変える…

2015年の風営法改正。齋藤貴弘弁護士が先導したこの取り組みにより、今までグレーとなっていた深夜帯のナイトベニュー営業は正式に認められることとなりました。1948年に制…

6か月前

こんな未来を実現したいというロマンで都市は変わっていく──BnA代表・田澤悠と考える、文化の芽吹くまちづくり

泊まれるアートをコンセプトに、部屋全体のデザインをアーティストが行う「BnA HOTEL」。高円寺と秋葉原、京都に展開しており、2021年4月には日本橋に「BnA_WALL」が開業し…

7か月前