新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

こんな時に開催される集客イベント

去る4月3日、広島・袋町にて開催された広島の広告クリエーティブを盛り上げるためのイベント。クリエーティブ自由研究「キミが主役になればいい」第2弾。

画像7

画像8

この日のゲストでもあり司会進行をしていただいた、文筆家の田中泰延氏が冒頭からいきなり心理を突くスライドを出していたのでご紹介したい。

こんな時に開催される集客イベント

スクリーンショット 2021-05-05 16.57.53

皆さんにあるのは勇気

スクリーンショット 2021-05-05 16.58.12

皆さんにないのは危機管理能力

スクリーンショット 2021-05-05 16.58.41

上方落語の鬼才、2代目桂枝雀は生前、「緊張の緩和」という言葉を用いて、お笑いの基本的なメカニズムを解説していた。緊張とは不安、緩和とは安心のことであり、人は何らかの「快感」を得ることで緊張から解き放たれて「緩和」する。この「緩和」の際に笑いが生まれる。「緊張の緩和」理論と題して上岡龍太郎と桂枝雀が対談している映像がYouTubeにも残っているが、下記リンクが詳しい。

もう一度話を戻そう。

スクリーンショット 2021-05-05 16.57.53

スクリーンショット 2021-05-05 16.58.12

スクリーンショット 2021-05-05 16.58.41

お客様にとっては開演直前のドキドキとワクワクが入り交じる中、僕の拙い挨拶によって会場の緊張感はピークに達していた。僕自身、昨年秋から準備を進めて、延期やらなんやらを乗り越えて向かえたイベント当日。誰よりも緊張していた。

このスライドと泰延さんの喋りを聞いて、会場のお客様も主催である僕も思わず笑ってしまった。冒頭のこのスライドは、そんな緊張を見事に緩和してホッとさせてくれる一コマだった。ずーーーーっと緊張していたので安心して笑ってもうた(笑)確かに勇気だけでここまで来たし、危機管理能力・・・あったらやってないかもな(笑)

国や自治体のルールを守るって話は、企画の段階で当然理解していたので感染対策の危機管理は徹底しているが、極論を言えばこんな時代に集客イベントなんて無謀な挑戦なのだ。それでも「ライブで観たい」という欲求に負けてしまうくらい僕の危機管理能力は著しく欠落している。

こんな時代なので、音楽業界やイベント業界などライブエンターテインメント市場の傷はより一層深まり、もはや待ったなしの業態改革が迫られる。ルールを守って感染拡大防止対策を講じても、採算が取れないというのを分かっていながらも、多くのバンドやアーティストたちはライブ開催を楽しみに企画を進めている。2021年4月25日、3度目の緊急事態宣言により、またその希望が打ち砕かれた。1年前から計画していたというライブイベントを泣く泣くオンラインイベントに切り替える動きが多く見られた。

ますますライブ文化が切り捨てられる。

「オンラインで良くないっすか?」と西村ひろゆき氏が良いそうなフレーズを脳内でループしながら、その指摘を論破するだけの答えもなく、ただただ「リアルイベントやりたいよね!」という思いだけで4月3日の当日を迎えた。

危機管理能力がない。

人一倍いろんな事に悩んだり、考えたり、緊張したり、準備に余念がない典型的なA型の癖に、なんというか、どんぶり勘定的な思考回路も僕の中にあって、後先はあまり考えず、ゲストを喜ばせよう、お客さんに楽しんでもらおう。というサービス精神が先行して、経営の基本である「収支のバランス」というのが考えられない全く以て経営に向いていない、というかサラリーマンも怪しい性質だ。感染拡大防止対策費用や50%しか集客できないのに100%取られる会場代などなど、その代償が露わになった。

赤字額が50万円を越えている。

普通はこういう話はオープンにしないのがマナーであり、人としての心得なのだが、今後の企画継続に関わる危機的な状況なのであえて公表した。

なにが言いたいかお分かりだろうか?

まずはこのダイジェスト動画を観て欲しい。そして3,000円という令和3年にはありえない高額な本編動画を買って欲しい!!売れても登壇者には10円も入らないという噂である。あと170件くらい売れたら黒字に転じて、9円くらいなら還元できるかもしれない。まぁ内輪の話はどうであれ、講義内容は間違いなく面白いし勉強にもなる!どうか皆様、動画なんて無料で観るのが当たり前の令和時代に超高額な3,000円もします。クソ高い3,000円もしますが内容は抜群におもしろいので是非買ってくださいませ。

お申込はコチラ! http://ux.nu/y0ITf

前半の高崎卓馬さんのお話だけでもこのボリューム!講義内容を一部抜粋!!収録時間は4時間越えの超濃厚な映像作品。編集にもめちゃくちゃ時間がかかりました。

高崎卓馬さんの講義内容のごく一部
■東日本大震災直後の「広告」
■震災から10年後の「広告」
■10年目の「行くぜ、東北。」
■新入社員時代の焦り
■おもしろいアイデアの話
■人と違うアイデア
■それとは真逆の「普遍」のアイデア
■公共広告のクリエーティブ
■「IMAGINATION/WHALE」通称:クジラ
■自分の仕事をもうワンステージ上げるには
■脱北しないとダメだ
■20代の頃に観たヤングカンヌの衝撃
■ヤングカンヌの衝撃を徹底的に研究
■2000年代前半のKDDIのCM
■KDDIのCMの海外の反応
■海外で自分たちの常識がスタックする場面
■田中泰延の考える高崎卓馬の凄み
■おもしろいを分解して設計図を作って研究
■ストーリーの名手(岡 康道)
■コロナ時代の「広告」
■コロナ禍のクリエーティブディレクション
■SNS炎上について考え続けた特異な経験
■不愉快の炎上プロセス
■「わからない」が一番ダメ

B.LEAGUE 富山グラウジーズのリブランディングを担当した、電通のアートディレクターの田中元さんのお話も必見です。ロゴデザインに入る前の最初のメモに描いていた牙のイメージから、無数の手書きラフ案を経て、最終的に完成される様子を貴重なプレゼン資料やプレゼン中の写真をもとにお話しされています。

お申込はコチラ! http://ux.nu/y0ITf

第2部の「地域クリエーティブ自由研究」は広島を中心にご活躍のカミガキヒロフミさん(IC4DESIGN)、板東英樹さん(電通西日本)、宮川博至さん(バズクロウ )を迎えて、ローカルならではのアイデア発想法などについて、様々な発見と気づきに満ちた、熱狂のトークセッションの模様をお届け。

お申込はコチラ! http://ux.nu/y0ITf


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
広島の広告クリエーティブを盛り上げたい! クリエーティブ自由研究『キミが主役になればいい』 企画・主催:SONZAI MANAGEMENT(曽川慎司)