一般社団法人Nest

2020年4月1日より西粟倉の人や自然との繋がりから子どもたちが学んで力をつけていく機会を創造しています。 日々の取り組みはこちら→https://www.facebook.com/nest.nishiawakura

一般社団法人Nest

2020年4月1日より西粟倉の人や自然との繋がりから子どもたちが学んで力をつけていく機会を創造しています。 日々の取り組みはこちら→https://www.facebook.com/nest.nishiawakura

    マガジン

    最近の記事

    さとのば大学ラーニングジャーニー2022夏レポート①

    森の面積の95%が森林。 人口1300人ほどで、コンビニもない、まさに田舎というのはこういうものかという感じの村、岡山県「西粟倉」にさとのば大学のLearnig Journeyの企画で8/19から2泊3日かけて行きました。 ちなみに、Learning Journeyは"観光じゃない、学びのある旅がしたい!"というのをコンセプトに主催されている、自分の行きたい町を選んで、価値観を広げられる人に会えるような旅です。 私が西粟倉を選んだ理由は、西粟倉がスタートアップの聖地と呼ば

    スキ
    3
      • さとのば大学ラーニングジャーニー2022GWレポート③

        まずは、本当に3日間ありがとうございました。 短い時間の中で学んだ色々なことが、本当に色々なことが、自分の考え方とか価値観を大きく変えました。 そして、ここまで自分の良い面も悪い面も人に曝け出したのは初めてかもしれないです。誰も皆を否定せずに最後までじっくり話を聞いて、自分なりの意見をぶつけてくれたという環境があったからこそだと思います。 西粟倉に行く前までずっとモヤモヤしていたものが解消され、自分のコアを確立できました。 そんな環境を作ってくれたnestの皆さんや参

        スキ
        1
        • さとのば大学ラーニングジャーニー2022GWレポート②

          地域と出会い、自然に触れ、対話を重ねることで人生の学びを得る、今振り返っても夢のような3日間でした。 ◯旅のきっかけ 社会人生活もいつの間にか6年目を迎え、さてこれからどう人生を歩んでいこうか。 いろんなヒト・まちと出会いたい、自身を見つめ直したいと思っていたときにLearning Journey参加者募集の案内を見つけ、「これだ!!」とすぐ申し込んだ。 どの地域も魅力的だったが、西粟倉村のメッセージ「生きるを楽しむ」にぐっと惹かれ、どんな人がどんな暮らしを送っているの

          スキ
          1
          • さとのば大学ラーニングジャーニー2022夏レポート②

            私自身、普段キャンプに行く事が多く自然が広がっている地域には魅力を感じます。今回は初めて、観光や遊びで来るのではなく学びとして西粟倉に来ることを選択しました。やはり普段とは全く違った良さを感じられました。いつもは素通りしてしまう施設も西粟倉を支える重要な施設であったり、街の方々に活気があり直接お会いし体験しなければわからない面が多々ありました。2泊3日という短い期間ではありましたが、肌で感じる事がとても重要 なことだと実感しました。 最初は、ローカルベンチャーに興味を持った

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 西粟倉物語(インターン生・さとのば生体験記)
            一般社団法人Nest
          • 月刊Nest
            一般社団法人Nest
          • Nestの考えていること
            一般社団法人Nest

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            子どもたちのやってみたい!を叶えるお手伝い。【長期インターン大募集!】

            一般社団法人Nestの活動に参加したい!方を若干名募集します。 業務(例): ①あわくらみらいアカデミースタッフ 月1回程度開催されているイベントの企画伴走、当日スタッフ (これまでのあわくらみらいアカデミー) ・綿花から自分で糸をつむいでみる! ・竹を切って竿を作って魚釣り ・自分たちでつくるクリスマスパーティー ・やってみたいことをとことんキャンプ ②拠点事業 図書館・生涯学習施設であるあわくら会館で放課後の時間を充実させる。 ・アナログゲーム・ボードゲームの場をつく

            スキ
            3

            【3月の取り組み】

            こんにちは!Nestスタッフの青木です。 一月は居ぬる、二月は逃げる、三月は去る、と言うように三月があっという間に過ぎて行き、四月もまた「しれっと」過ぎていこうとしていますね。 さて、そんな三月の活動報告です。 3月1日:新メンバー青木就任早速この3月の報告を執筆させていただいておりますが、改めましてこの度Nestに新しく就任しました、青木采里奈(あおきさりな)と申します!何卒よろしくお願い致します。 Nestスタッフ今井の知る人ぞ知る愛称が「ぽんちゃん」だということ

            スキ
            3

            【2月の取り組み】

            2月1日~ さとのば大学春季コース受け入れ 地域を旅する学びの場、さとのば大学の春季コースが2月1日から始まりました。今回は他地域から3人の大学生がやってきています。 それぞれの関心をいかに探り当てて、地域の中の資源を使って「社会」にインパクトを与えるのか1か月半という短い中ですが学んでいっています。 2月4日 げんきっこ 節分 西粟倉の学童「げんきっこ」にて、節分の翌日に鬼として参加しました。 新聞を丸めた玉を持って果敢に鬼に立ち向かってくる子もいれば、怖くて隠れて

            スキ
            2

            【1月の取り組み】

            1月8日 手打ちうどんと自分でとる出汁さとのば大学の小曽根さんと西粟倉村小学生草刈くんのコラボ食育企画第二弾を開催しました。 「自分でも麺を作れるようになってほしい」ということで、某うどん県の”大学”を修了した草刈くんが特別講師になりました。 今回は、うどんを打つだけでなく「自分たちで出汁をとる」ということで子どもの味覚の発達に寄与する構成でした。こんぶ、かつお、にぼしでそれぞれ出汁を取ったものを「利き出汁選手権」をして子どもたちであてっこをしていました。大人も挑戦しまし

            スキ
            4

            【12月の取り組み】

            寒さが厳しくなる中、12月も様々な取り組みを行いました。 12月4日やってみんCAFEあわくら会館でCICA HOUSEさんが主催されたイベント「シカマルシェ」に子どもたちが出店しました。 新たに2名の仲間が加わり、1回目開催した経験を活かしてお会計の動線や商品や販売個数の見直しなどの準備を重ね、当日を迎えました。 前回お客さんから「ホットコーヒーを出してほしい」と要望があったため、豆から手で挽いたコーヒーにも挑戦しました。 今回は中学生の日程が合わず、小学生のみでお

            スキ
            1

            【11月の取り組み】

            こんにちは。少し前になってしまいましたが、11月の取り組みを紹介します。 11月3日 やってみんCAFEレベルアップ会第1回「やってみんCAFE」を終え、出てきた「パンケーキが丸くならない」「カップケーキが膨らまない」といった課題を改善するために、レベルアップを図る試作会をおこないました。 今回はお菓子作りに詳しいお母さんに来ていただき、どうやったらよりおいしい商品になるのかをみんなで作りながら考えました。 自分たちだけで作ったときよりもふわふわなパンケーキとカップケー

            スキ
            1

            【10月の取り組み】

            こんにちは。10月の取り組みについてまとめました! 小学校1年生保護者勉強会(10月5日)毎年、小学校1年生の保護者向けに行っている勉強会で話してほしいと依頼を受けて、保護者の方々と一緒に「かしこさ」について考えるワークを行いました。 日本語で言うと「かしこい」という1つの単語ですが、英語にすると「smart」「wise」「clever」・・・様々なニュアンスの違う単語があります。 「子どもたちにどんな『かしこさ』を身に着けてほしいですか?」という問いに、いろんな人と協

            スキ
            3

            思い切ってやってみる、ベンチャーの村で裏方として教育を支える

            <求人概要>地域まるごと学びのフィールドに変えていく。豊かなまなびを陰から支える人に来てほしい 一般社団法人Nestは、岡山県西粟倉村で活動しています。地域の課題を解決する公益的なベンチャーとして、2020年に起業しました。子どもをはじめ、村民の「やってみん!=やってみたい」を叶えるまなびをプロデュースしています。 今回探している仲間は、「コミュニケーションを通じて、まなびを後方からサポート」することに関心のある方です。 ・教育コーディネーター ・活動の土台をつくる事務

            スキ
            6

            【9月まとめ】

            インターン受け入れNestで久しぶりのインターン生を受け入れました。それぞれの個性を活かしてもらうには、残念ながらコロナの影響があって存分にとは言えませんでしたが、関心を高め、子どもたちに接しながら自分たちの「やってみん!」も叶えていくことができたと思います。 来てくれた二人の体験記はこちらから 伊藤絵美里さん 小林美晴さん さとのば大学学生プロジェクト第二弾7月に地域で取れた鹿肉をつかったハンバーガーを西粟倉の子どもたちと一緒につくる企画を立ててくれたさとのば大学生の小

            スキ
            3

            Nestのインターンを通して見えてきたもの

            コロナ感染拡大の影響でNestの事業にしっかりと関わるといったことができなかったものの私にとって自分のやってきたこと、自分のやりたいこと、そして自分自身について深く振り返ることのできた貴重な機会になりました。このインターンでみえてきたもののいくつかを振り返りとして共有したいと思います。 子どもたちのやってみたいを叶えるNestNestの企画は子どもたちのやってみたいから始まります。率直な感想になってしまいますが子どもたちのやってみたいが実現する企画をたくさん行っていることは

            スキ
            4

            Nestのインターンで学んだこと

            私は8月15日から9月9日までの約1ヶ月、西粟倉にある一般社団法人Nestにインターンとして参加しました。 主に取り組んだことは ・Nestの仕事のお手伝い ・自分のやりたいことへの取り組み です。 この期間で学んだことをレポートさせていただきます。 学んだことは、大きく分けると3つです。 ①Nestの活動と教育について【子どもと向き合う難しさ】 各企画の準備の中で、私は主に子ども達の作ったチラシや、制作物への助言や作成のサポートしました。その中でどういう言葉をかければ

            スキ
            7

            【8月まとめ】

            やってみんCAMP8月4日~5日、1泊2日で子どもたちの「やりたい!」に没頭するキャンプを開催しました。 食事の時間と寝る時間、そして、やってみたいことを叶える2時間を昼と夜にプログラムする以外は、空白なプログラム。子どもたちが事前に考え、用意したことに挑んでいきます。 昼は「自然遊び」をテーマにした「やってみん」。落ち葉版画、宝さがし、ストーンペインティングと広いフィールドを縦横に使いながら遊んでいました。 夜は「サバイバル術」。火起こし、木の皿づくりを行っていました

            スキ
            5