坪井佳織

浜松市で音楽教室を開いています。0才から18才まで、たくさんの子どもたちと接し、多くの子育てを見つめる中で、どんな子も力強く生き抜く力をつけさせてきました。わたしにしか書けない、独自の視点で子育てを語ろうと思います。 https://ikiruchikara.co.jp/
固定された記事

定期購読マガジン【生きる力をつける子育て】のご案内

ご登録ありがとうございます。 私たちは、学校で、空気を読んでみんなと足並みを揃えることを学んできました。 出る杭は打たれることを学んできました。 仲間はずれにされ…

学校・幼稚園再開を切り抜ける強い子とは

緊急事態宣言が解除され、学校や幼稚園が再開されました。このような混乱を自分らしく切り抜ける、精神の強い子とは、どのような特徴があるのか考えてみました。 *   …

マラソン大会を嫌がる

長男、小1。次男、年中。 いかにも、いかにも、いーかーにーもー、苦手なマラソン大会に長男が強制参加することになりました。 嫌がること、不安がること、でも、確実にそ…

子どものオリジナルソング

次男、年中。 よくオリジナルの歌を作っていました。

ちゃんと泣ける子に育てよう

2007年11月に音楽教室のおたよりに掲載した記事です。 *  *  * 最近、レッスンで気になることがあります。

かまってほしい

長男、小1。次男、年中。 わたしの両親が近所に家を建てて県外から越して来ました。 *   *   * 新築の爺ちゃん宅。 最高に見晴らしのいいロケーションで、高台…