子供っぽさ、カムバーック!
見出し画像

子供っぽさ、カムバーック!

書評:しろまんた『先輩がうざい後輩の話 』第4巻(一迅社)

個人的には、「素直になれない恋愛もの」的な方向に素直に進んでしまうのは、やや不満。
たぶん私は、双葉の子供っぽさが好きだからであろう。

エピソードとしては、第67話の、まったく気づかない、というのが、あるあるだった。
あと、友情モノに弱いので、学生時代の双葉と夏美を描いた、書き下ろしの第21話も、ありがちなお話ながら、ツボだった。

でも、いちばんインパクトがあったのは、部長が、まんま秋篠宮だったことである。

書評:2019年9月27日「Amazonレビュー」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。お返しもできない不器用な奴ですみません。
その名のとおり、読書が趣味で、守備範囲はかなり広範ですが、主に「文学(全般)」「宗教」「社会問題」に関連するところ。昔から論争家で、書く文章は、いまどき流行らない、忌憚のない批評文が多い。要は、本音主義でおべんちゃらが大嫌い。ただし論理的です。だからタチが悪いとも言われる。