ねこまぐれ

哲学好きのライター。哲学と宗教学と廃墟と文学と猫と音楽と情愛とオカルトが好き。哲学したり、恋に溺れたり。好きな猫はアメショです。好きな寄生獣はミギーです。好きな超人はニーチェです。好きなzarashiはamazarashiです。ayumiku0910@gmail.com

気を抜いて正気に戻ってしまうと足元が崩れ去ってしまうから、たくさんの余計なものを足元に敷き詰めながらそこをほろ酔いで歩いていきている薄氷みたいなこの頃、きみは元気ですか。

クリスマスとかイベントの日って何となく気分が上がるのに何をしていいか分からなくなる。私はいつも一人で色々なところに行くのに、そこに何らかの意味付けされる感じがして普段の生活がしづらくなる。
とりあえず、クリスマスミサのオンライン配信を観ています。

何年も前に、好きな人間に嬉しい言葉で褒めて貰えたことを一語一句、後生大事に大事にしつづけるような、そういう切実で寂しい人間です。

よく一緒に寝ていた占い師の男の人の寝言が、とても良かったので私はふと思い出す。
寝ながら、地球を滅ぼしたいチンパンジーの相談に乗っていたりした。

「痛い」って言われることを気にしないようにしよう。別に言われたわけでもないけど。痛くない普通の人より、痛くても面白い人でありたいのだから。

反出生主義に関して、最近色々読んでいる。人間はみんな「生まれてこないほうがよい」という哲学。それは、哲学というより、子供の頃から私のなかに内在化されていた考えだった。