見出し画像

今年こそ“私は誰だ”が似合う映画!秀作『劇場版ポケットモンスターココ』の感想

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

ちょっぴり出遅れましたが映画レビューを。

『劇場版ポケットモンスターココ』を観ました。

クリスマス当日の公開初日に映画館へ足を運んで、『劇場版ポケットモンスターココ』を観てきましたよ。

画像1

劇場版ポケットモンスターココ
制作年:2020年 / 制作国:日本 
監督:矢島哲生

劇場版ポケットモンスターシリーズ第23弾。昨年の『ミュウツーの逆襲』リメイクから、再び映画独自のサトシとピカチュウの二人旅シリーズに路線を戻した新作となりました。今作では幻のポケモン・ザルードが初登場となり、そんなザルードに育てられた少年の物語が描かれます。

監督には『みんなの物語』の矢嶋哲生さん。そして岡崎体育さんが主題歌と劇中楽曲をプロデュースと挑戦的な姿勢も見える作品。

公開直前になり、サトシ役の声優である松本梨香さんがコロナ助成金の不正受給疑惑が報道されたりと向かい風となるニュースもありましたが、なんとか公開することができました。

本作を観てきた感想をざっくり一言でいうと

めっちゃよくできた秀作!

という感じの大興奮&大感涙映画でした。

ポケモンに育てられた子供という設定をキーに、共生、親子、さらには自分とは何か......という『ミュウツーの逆襲』を思わせる話までもと、予想を超えた盛り沢山な内容にビックリ。『きみに決めた』以降のポケモンは見応えがあってホント良い。こういう時代を待ってました。

公開前にはザルードが喋ってしまうのでは?とあれこれ言ってましたが、実際は、そこも狙いがあることがわかり、喋っちゃう問題についても現在は納得しております。

それについてはアニギャラ REWさんで詳しく書きましたで、観ていただければと思います。

それ以外の内容に関して、より詳しい感想を書いていきますね。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブの買い切りのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

『ターザン』的なものや『セレビィ時を超えた遭遇』的なものを想像してみたが......?

この続きをみるには

この続き: 1,995文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年1月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年1月分まとめ。今月のテーマは『“セカイ”と“ワタシ”とアニメ映画』。

または、記事単体で購入する

今年こそ“私は誰だ”が似合う映画!秀作『劇場版ポケットモンスターココ』の感想

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
1
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp