WMパートナーズ株式会社によるMBOファイナンスの助言
見出し画像

WMパートナーズ株式会社によるMBOファイナンスの助言

この度、株式会社ファイナンス・プロデュース(以下、「当社」)は、WM パートナーズ株式会社(以下、「WM社」)が管理運営する WM グロース 4 号投資事業有限責任組合(以下、「当組合」)による、たびスル株式会社(以下「たびスル社」)への投資実行において、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)として助言したことをお知らせいたします。

たびスル社は、高齢者施設・学童施設向けのおやつの定期宅配サービス「たびスル」を展開し、施設で働かれるスタッフの業務負荷の軽減と運営の効率化に貢献するとともに、施設を利用される高齢者や子供達へ全国各地の様々なお菓子との出逢いを提供して参りました。「たびスル」は、そのサービスに対する高い満足度から、2015 年のサービスイン以降、毎期着実に契約施設数を増加させてきており、現在では全国 約 3,500 施設での利用をいただくなど、継続的な成⾧を続けております。

なお、本件は、未上場企業内の一事業部であった「たびスル事業部」のカーブアウトを実行した事業再編事案となります。また、その際、たびスル事業をゼロから立ち上げてこられた事業部⾧である吉田裕紀氏が新会社の代表取締役に就任する形の MBO(マネジメント・バイアウト)を支援したものとなります。

当社は、吉田裕紀氏の事業成長へのぶれない姿勢と実行力、それを支援するWMパートナーズの一貫した投資家としてのプロフェショナリズムに強く共感し、たびスル社の今後の更なる事業成長を確信しております。

ご参考リンク:WM社の発表 https://www.wmpartners.jp/2021/10/31/tabisul/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【社会を変える事業を創るためのファイナンスをプロデュースする】1千億円超の事業創造を目指す起業家のためのナレッジ蓄積やピッチ機会、大企業や投資家とのネットワーク構築を支援する🤝日本のスタートアップ業界に今後更に必要な大型IPOとスタートアップM&Aをもっと身近でわかりやすく