Natsuyo Ozawa

台湾人のクオーター。都内のデザイン事務所でデザイナーとして6年間働いた後、18歳からの夢だった「海外で働く」を叶える為に27歳で日本の仕事をやめて台湾へ。日本で大学へ行っていなかったので、まずは海外転職に必要な学位を取る為に29歳で国立台湾科技大学に入学。

光瑠に憧れてデザイナーを志す

東野圭吾の1997年の小説、「虹を操る少年」は 私が最初にデザイナーを志したきっかけだと思う。 この物語は光瑠という色彩に敏感な少年が主人公の話で、 アマゾンだと…

https://zoorel.elephantstone.net/archive/1229/
Berlutiは本当に前のママのが良かったな。
サンセリフにしたら下に"Paris"って付いてるのが不釣り合いに見える。
ちなみに一時期やたらと惹かれてしょうがなかったのは
john master organicsのロゴです。

仮留めで投稿。
書きたい内容が複雑すぎてどうまとめていいかわからないまま、
時間だけがすぎていくので、とりあえず中途半端でも書いてみた。

私がデザイナーという職業を選んだ理由

まるで会社の面接で志望動機を聞くようなタイトルだけど、 実際に会社の面接で「なぜデザイナーになろうと思ったのですか?」 なんて多分過去の面接で聞かれたことはなかっ…

日本と台湾の温度差

日本の皆さんへ。 コロナウイルス対策していますか? 今マスクして外出歩いてますか? した方がいいですよ! 2月5日18時時点でのニュースでは 日本の国内感染者(外国人も…

敬語の弊害

実は色々あって、今年の12月から台湾の大手電子機器メーカーの 内部デザイナーとして働くことになった。 そして最初の1週間のほとんどを、 大企業とはいえ今時珍しいOJTを…