見出し画像

「不安」から出発すると、結局傷つく

最近イラストやマンガを描いています。

子どもの頃に描いていたんだけどいつしか描かなくなってしまって、最近色々なきっかけが重なり再開しました。

で、やっぱり「絵」って見られやすい。私はTwitterを中心に発表していますが、たまに自分のフォロワーさんの数にしてはびっくりするような「いいね」の数をもらうことがあります。嬉しい!

それで、先日描いた4コママンガが自分史上一番いいねを貰いました。こちら。

やはり恋愛モノは共感を得やすいのかな。
このマンガをきっかけに、新しくフォローしてくれる方もいました。1日で80人くらいフォロワーさんが増えたんです。ありがたや…!

その「いいね」通知と「フォローされました」通知がバンバン来てる最中、所用で普段は使わない「片瀬江ノ島駅」という駅を利用したんですね。

駅に着いたらアラびっくり。

画像1

竜宮城…!

ひとりだったけどテンションが上がりまして、写真を撮ってTwitterに上げようとしました。が、そこで私の脳裏に浮かんだのが…

「フォロー外されるかも。」

でした。

たぶん今回私をフォローしてくれた人は、同じようなマンガを期待してフォローしてくれた。それなのにその次のツイートが「片瀬江ノ島駅の駅舎、やば!」みたいな投稿だと、「なんだ、この人どうでもいい日常の写真とかも投稿するのか。じゃあいいや。」って思われるんじゃないか。せめて次の投稿はまた何かマンガを描いてマンガ読めるアカウントですよ、という担保をした方がいいのではないか…

そんなことを考えていたら片瀬江ノ島駅の写真を上げられなくなっていました。

考えすぎですかね…?(あと片瀬江ノ島駅はどうでもよくない素敵な駅ですすみません)

1投稿でフォロー外すような人とは繋がらなくていいというのはわかっているんですが、なかなか勇気がいる。

そんなことを考えていた時、哲学者・苫野一徳さんのワークショップに参加した時に聞いたこんな考え方を思い出しました。

【「愛」は失敗しても平気。】

どういうことか少し説明すると、
このワークショップでは「好き・恋・愛」それぞれの本質、違いを参加者で話し合っていたんです。その中で「その対象を『好き』くらいだとそれに失敗した時に傷つくけど、『愛』だと失敗してもそんなに傷付かないんじゃないか」という話が出ました。

「好き」と「愛」の違いはそれこそ哲学対話になるくらいかなり微妙なのでピンとこないかもしれないのですが、これ「不安」と「愛」だともうほんとその通りだな、と思いました。

例えば、

私が「不安」だからマンガを描いていたとして、描いたものを誰かに批判されたら傷つくと思うんですね。

でも「愛」だと…
もし批判されても、平気な気がするんです。もちろんショックはあるかもしれないけど、このマンガが「大事なもの」であることは変わらないというか。

「私はこれを素敵なものだと思っているけど、合わない人もいるんだな」って思う気がする。

「愛」という言葉は抽象的なのでわかりづらいですが、単純に「これが私の描きたいものだ!これを伝えたい!」と思える作品だということ。自分が楽しいから描いているものだということ。

対して、「誰かに認めてもらいたい」「これを描けば自分はすごいって思われるかな」そんなことを考えながら描いた作品、つまり「不安」だから描いた作品が読まれなかったり批判されたりしたら…

「こんなにしてあげたのに!」

そうやって私は傷つくのではないのかと思うのです。


「こんなにしてあげたのに!」

…どこかで聞いたことのある台詞。

そう、これって何もマンガやツイートに限らず、恋愛やその他の人間関係と同じなのではないでしょうか。

自分の「不安」を埋めるために何かをする。

例えば、彼を離したくないから手料理をせっせと作ったり、肩書きを守りたいから嫌な仕事を続けたり。

そういうのって批判された時にすごく怒りたくなりますよね。

「あなたのために作ってあげてるのに!!」

「こんなに我慢して嫌な仕事してやってるのに!!」

批判されなかったとしても、「不安」が元にあってやってることってなんとなーく相手に嫌な感じを与えて、結局その関係は上手くいかなくなるんじゃないかなと思います。

そうじゃなくて、「自分が楽しいから手料理を作る」「この仕事が楽しい。これは絶対面白い企画だと自信がある!」って思えてると、失敗しても「ご縁がなかったんだな」あるいは「もっと良くなるようにしてみよう」。そんな気持ちになるんじゃないかな。

やたらとインフルエンサーになりたいとかバズりたいって言ってる人がいるけど、それが何故なのかは考えた方がいいかなあって思います。

「有名になれば、自分のこの最高の商品を多くの人に知ってもらえる!」なら全然いいと思う。でも、

「有名になることで自分に足りないものが満たされる気がする」なら、それ、達成しても満たされないと思う。

偉そうなことを言ったけど、私なんて片瀬江ノ島駅の写真を上げるのを躊躇うぐらい不安が強い人です。笑
だから一つ一つ、自分の行動を「これ不安だからやってるんじゃないかな?」て見つめ直していきたいなあと思ってます。

ちなみに、片瀬江ノ島駅の写真を上げなかったのは「フォロワー減るかも」と不安だったからだけど、かと言って上げることが「本当に素敵だからみんなにもシェアしたい!」からだったのか、「これ上げたらみんなにかまってもらえるかな。いいね数稼げるかな…」って思ってるからだったのか、ちょっと怪しいところです。ああややこしや。笑

ちなみにちなみに、「愛」というと「犠牲」を伴わせてしまう人が多い気がするけど、私は愛と犠牲は別物じゃないかなと思ってます。別物というか、他者から見て「犠牲的」に見えることも、本人が苦しんでないならそれは「愛」なんじゃないかな、と。

だから、「愛」である証拠は「楽しい」かどうか!かな。

愛のあるツイート、マンガ、文章を心がけていきます!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
次を書くエネルギーにします!ありがとう!
33
【女性の幸せは世界を救う】がモットー。え?じゃあ【女性の幸せ】って、なに?探求し続ける36歳独身、ボリウッド(インド映画)ダンサーのエッセイです。皆が楽しく自己表現できる世の中になったらいいな。twitter→https://twitter.com/natsukoni81