シェアしながら学び合うブロックチェーン研究会

44

書いてみました。関越道大渋滞から雪氷災害に関する提言

昨年は暖冬・少雪も、今冬は12月からあっという間に各地で雪景色。 毎年、初雪の頃には「きれいだなぁ」と恵みの雪に嬉しくなる気持ち。 でも、年齢を重ねるごとに、雪との暮らしに色々な感情も生まれます。 澄んだ空気の中、しんしんと降り続ける雪に「いつになったらやむんだろう」「かたくなる前に…

未来のイノベーションの拠点/横串しのたくましいプロセス/第26回ブロックチェーン研究…

今月も引き続き、皆さまの安心安全確保を最優先させていただくため、8月のブロックチェーン研究会会場開催も中止させていただくこととなりましたので、収録版をお届けします。 藤原直哉より “スマートという言葉。スマートであることを監視する市民の眼があって初めてスマートになりうるということ…

3,000

デジタル基礎のある街の安全性と愉しみ/第25回ブロックチェーン研究会

今月も引き続き、皆さまの安心安全確保を最優先させていただくため、7月のブロックチェーン研究会会場開催も中止させていただくこととなりましたので、収録版をお届けします。 藤原直哉より “期待と不安といろいろな想いを乗せて今日も列車は走っているみたいな話です” “AIは、自分で学習して1つ…

3,000

SLOCの世界を支えるブロックチェーンと新しい時代のシェアリングエコノミー/第24回ブロ…

今月も引き続き、皆さまの安心安全確保を最優先させていただくため、6月のブロックチェーン研究会会場開催も中止させていただくこととなりましたので、収録版をお届けします。 藤原直哉より “シェアリングエコノミーは、非常に大きなパラダイムです。そこには、地球環境をシェアして、みんなでサス…

3,000

単なるセンサーを遥かに超えた世界/何ができるか、どこまでできるかは、あなたの創造力…

“もっとアナログ的な生活や人間でしかできないことをやるわけですよ。頭と心と腹ということでいったら、インターネットができることは頭だけですから、心と腹の部分は人間でしかできないのです。頭の部分はインターネットやブロックチェーンなど道具を上手に使いながら、心と腹で仕事をするのです” …

3,000

災害救援の偉大なる進歩/第22回ブロックチェーン研究会

“ハリケーンや今回のコロナウイルスの件では、データの普段の持ち方についても重要な示唆を与えてくれているのだと思います” “普段から新しいヨコ型システムをつくっている人たちが、これから何をやるのか考えて行動したということは重要なことで、機動性の高い行動が21世紀の市民社会の1つのかた…

3,000

トラストレスでの分析と未来予測/第21回ブロックチェーン研究会

“ブロックチェーンがどれくらい使われているのか、ブロックチェーン上にどんなデータがのっているのかを分析することも、実は今大きなテーマとなっています” “政府運営だろうが、民間運営だろうが、仮想通貨がどのように動いているのかを知るということは、非常に重要なことなのです” “ふと気が…

3,000

年金運用もスマホ上でテーラー仕立て/第20回ブロックチェーン研究会

“お金を集めるところ、運用するところ、払い出しするところ、これらすべてをブロックチェーンなどを使って説明責任をきっちり果たせるように、透明になるようにするところが注目されています。” “年金のブロックチェーン化のポイントは、すべてトラスト型になるという意味なのです。だから透明な運…

3,000

エンターテイメント/どうなるお宝鑑定団の世界/第19回ブロックチェーン研究会

“イノベーションとは、技術の研究や技術を試すことではありません。技術と世の中の物事を変えたときに、初めてイノベーションといえるのです” “総じて言うと、2019年はスタートアップの情熱よりも、本格的なイノベーションが進んだ一年でした” “デジタルはコピー、唯一無二はアナログの常識は、…

3,000

【開催延期】2月22日(土)13時〜ブロックチェーンと私たちの未来@tiny peace kitchenに…

新型コロナウィルスの深刻化に伴い、皆さまの安心安全確保を最優先させていただくため、今週末22日(土)13時~ブロックチェーンと私たちの未来を開催延期させていただくことになりました。 2020年2月19日(水) 藤原情報教育研究所 *5月に延期開催を予定しておりましたが、ご参加いただく皆さまの安…