夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)
見出し画像

夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)

(※この記事は、一部有料となっています。全文を読む場合は、有料ノートとしてご購入いただきますようお願い致します。)


夫の不倫が終わっても、妻の心は消化できない想いがたくさんあります。

まるでジキルとハイドのような「二重人格」になってしまった夫を受け入れられないのです。

「なぜ、夫は私がいながら他の女へ目を向けたの?」

「なぜ、途中で不倫を止めてくれなかったの?私がどんな気持ちになるか想像できなかったの?」

「平気で私に嘘をつき続ける人だったなんて信じられない」

「私が今まで見てきた夫とはまるで別人だわ」

「今まで私が好きだった夫はもういないの?」

「こんなことを平気でする人だと思わなかったし、またこれからも不倫をするのかもしれない・・」

頭の中は、「なぜ?」という疑問と不信、「夫の裏の姿」をなかなか受け入れることなどできないのです。

何年も何十年も信じ、家族以上に信頼してきた夫がこんなことをするなんて・・もう誰も信じられない・・と人間不信にさえ陥ります。


こうして夫の不倫は終わったけれど、妻の心の中は疑問や不信、不安や絶望を無限ループのように回っているのです。

疑問や不信は全て解消しないと「不安でたまらない」ので、何ヵ月・・何年と夫に不倫のことについて問いただしたくなったり、責めてしまったりすることもあります。

しかし、不倫が終わった夫は・・

「もう終わったんだから、その話は止めてくれよ」

「そんなに耐えられないんなら、離婚しかないよな」

「何度も何度もいい加減にしろよ!そんなに俺のことが信じられないのか?」

「今はその話したくないんだよ」

「過去のことばかり振り返らないで、もっと俺たちの未来に目を向けようよ」

このように、妻の気持ちを遮断させようとしたり、目を反らそうとしたり、逆切れして逃げようとすることも多いです。

このように言われてしまうと妻としては、

「これ以上、不倫のことを話しても益々関係性が悪くなるだけだから我慢するしかないのかな・・」

「結局、この人には私の気持ちなんてわからないんだ・・」

「再構築するためには、不倫のことに触れてはいけないんだ。私さえ我慢すればいいんだ・・」

と無理やり傷ついた心に蓋をしてしまい、心の回復が遅れてしまうことがあります。

このような会話が続く限りは、妻の心の回復もストップしてしまい、夫婦関係は悪化の一途を辿ってしまいます。

なぜ、夫は不倫の話をすると逆切れしたり、避けたがるのでしょうか?

心の中では、妻の心の回復を願いながらも、反射的に逆切れしたり、話を避けようとしてしまうこともあるのです。

この続きをみるには

この続き: 2,423文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは、夫の不倫後~関連のテーマ記事が13記事パックになっています。単発記事を全部購読するよりも、断然お得なパックになります。 (単発記事を全部購入すると8,000円になります。マガジンだと40%引きです。)

このマガジンは、夫の不倫後~関連記事をまとめて購読できます。 夫の不倫は終わっても、すぐに心が回復するわけではありません。 様々なワークや…

または、記事単体で購入する

夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)

カウンセラーNAOKO(松宮直子)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
不倫問題専門カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。 相談件数3000件以上の実績から「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるための記事」や「夫の不倫が渦中の方向けの対処法」などを掲載していきます。 公式ブログ)https://ameblo.jp/naoko-room/