見出し画像

第2話 1級検定への挑戦! そして、その先へ…

皆さんこんにちは!

続編の苦悩日記②です!

自分の反省も込めて、書き始めた苦悩日記ですが、

第1回では
共感の声もいただけてとても嬉しいです!

ただ、今回は少し共感が得られないかもです(笑)

未熟な時代の反省日記ですので、
どうか、温かい目でご覧くださいm(- -)m

まだ苦悩日記①を見られていない方は、
こちらから先にお読みください!


前回のあらすじ

大学へ入学し、スキーサークルに入部した私。

2~3月には、
新潟の赤倉というスキー場の宿で居候をして
住み込みでみっちり練習できる環境へ身を置くことになったのです。

家族旅行程度でしかスキーをしたことがなかった私は、
SAJスキーバッジテスト2級という資格検定で、
才能ある同期が次々合格していく中、
どんどん取り残されていきました。

毎日教わる講習の班分けでも、
いつも一番下の班に残されたまま…

モチベーションも保てず、
辞めようかとも思いもしましたが、
負けず嫌いのつまらないプライドを持った私は、
何とか踏みとどまり、

シーズン終了間際、
ギリギリのギリギリで2級に合格することができたのでした!

そして、大学初のシーズンが終了しました…

さて、

第2回となる今回は、
当時憧れだった1級への挑戦についてです。

では早速入っていきましょう!


技術選との出会い

苦労の末、何とか2級に合格し
大学に入って最初のシーズンを終えた私。

シーズン最後の大会で思うように結果を残せず、
悔しい思いをしたせいでシーズンが終わってからも
少しの間、熱が抜けずにビデオ研究をしていました。


次のシーズンには1級に挑戦することになります。
先輩達は皆2年で1級に合格し、来年からはスキー学校で働きます。

おそらく、センスの良い私の同期達も、
みんな1級に合格していくのでしょう。


やっとの思いで2級に合格できた私は、

「本当にシーズン中に1級を取れるだろうか…?」
「ひょっとしたら自分だけとれないままかも…」

と、ふいに不安になったりもしました。

当時は、ホント色んな意味で弱かったなと思いますね。

そんな中、マクド(関東はマック?笑)で
Youtubeでスキーの動画を見ていたら、
関連動画で偶然、全日本スキー技術選手権大会の動画が出てきました。

スキーってこんな大会があるんだと思い、
動画を再生してみました。


ある選手のビデオだったんですが、

自分がやってきたスキーとはまるで次元が違う!!
スピードもカッコよさも、何より動きが全然違う!!
そもそも同じスポーツなのか!?

初めて人の滑りを見て度肝を抜かれました。
しかもビデオでです。


『こんな小回りができるようになりたい!』


純粋にそう思い、
一気に技術選とこの選手のファンになりました。

とはいえ、
スキー関連で知ってる選手なんて、ジャンプの葛西選手くらいでした。

そのため、基礎スキーの選手なんて
誰も名前も聞いたことがありませんでした。

「誰だろう?すごい滑りだけと、聞いたことない…」

そう思いながらも、
とりえあずその場ですぐメモしておきました。

『柏木義之』 と…


ちなみにその当時見たビデオはこちら↓


ついに憧れだった1級への挑戦! しかし…

技術選の存在を知ったことで、
ますます技術の研究には精が出ました。

通勤時間には毎日スキーの動画を見て、
色んな選手の滑りを研究し、
次第に仲間内からマニアと呼ばれる程に技術選に詳しくになりました。


脳裏に本物のトップ選手の滑りを焼き付けてイメトレをすると、
不思議なことに、

・自分のどの動作がおかしいのか、
・どこが理に適っていないのか、

それが分かるようになってきました。
もちろん、基本の知識が身についてこそですが。


そして迎えた二度目の冬
12月の年末合宿にて、志賀高原での初滑り

ストックワーク等のシルエットを
柏木デモに似せようとしてみたりもしましたが、

感触は、「何か微妙…」

ポジションが少し良くなって、
安定感が出てきた…のかな?

という程度でした。

しかしその違和感は、2月に入り
思いもよらない変化が現れることになるのでした。


1月の末に赤倉入りし、
練習を始めて3日目くらいの頃でした。

いつものように講習で、ショートターンの練習として
バリエーショントレーニングをしていた時でした。


 何か…
 板の上で身体がスムーズに動く気がする。


気のせいか?

そう思いながらもトレーニングをしていると、
急に色んな人から褒められるようになりました。

後で分かったのですが、
シルエットや手足の細かい動かし方まで
柏木デモの真似をしているうちに、

ポジションが1年前より断然良くなっていたのです。

そこからストックワークを軸に
更なる細かい技術を追求しました。

そこからは自分でも驚くほどに急激に飛躍しました。
まるで塞き止めていた蓋が取れたかのように。

それにつられるように、
モチベーションもガンガン上がり、
スキーが楽しくてしょうがなくなってきました。

1年前には、考えられませんでした。
何より、1年前は一番下のクラスだった下手クソが、
自分達を脅かす存在になってきている。

と、先輩や同期達の見る目が変わってくるのは、

最高に気持ちが良かったです。


そして検定の日が近づいてくるのですが…
次第に心境の変化が現れてきたのでした。


1級って別にそんなに…

今思えば傲慢極まりないですが、
どんどん順調に力を付けていた私は、

「○○にも、もう負ける気がしない」

と他の同期や先輩達に対して思うようになっていました。

まさに天狗の鼻が伸びかかっていた状態ですね(笑)


お気を悪くされたらスミマセン

そして、ついには周りを見ても

 「1級って思っていた程のレベルじゃないな」

とまで考えるようになりました。

結果から言うと、

2月上旬の検定でひとまず一発で合格はできました。


ですが、
まだまだ伸びそうだし、
むしろまだ伸びかけてるところだとさえ感じる。

なのに、これで今シーズンの目標達成!

…で、いいのかな?

ここから葛藤があり、
その後にチームメイトとの衝突があったのですが…

長くなってきたので、
続きは次回で!


最後に

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


もちろん、

どこで伸び、
どこで伸び悩むか

それは人それぞれです。
私も、1級は運よくすんなりとクリアできましたが、
2級では全く進歩が実感できない辛い日々を過ごしてきました。

あくまで、未熟だった自分への反省ですので、
1級を目指す方を見下すつもりは一切ございません。

仮に現時点で勝っている相手を見下す。
その行為は、将来に必ず自分に返ってきます。

そんな態度でいると、
相手が諦めない限り必ず負ける時が来ます。

だからこそ、
今は向上心を持ってスキーをする人達は
全員ライバルだと思っています!

そして、皆さんにも負けたくないと本気で思っています!
もちろん、レベルは関係無くです!

私は来シーズン、

技術選に初めて出場します!
もちろん、全日本へ行くことが目標です!

既に出場されている方も、
将来に出場を夢見ている方も、
おられると思います。

必ず、全日本で会いましょう!
必ず、私もそこへ行きます!

ありがとうございました!

生涯全力スキーヤーNAOKI

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
5
夢は【職業・スキーヤーナオキ】として生きること!そのためにネットで活動中の熱血スキーヤーです! 『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』を配布中!メルマガはコチラ▶︎https://bit.ly/32RffB7 HPもあります▶https://naokiski2109.com/

コメント4件

1シーズンで2級って凄いですね…
技術選頑張って下さい👍
一応、旅行で何度か経験してて、
全くの素人では無かったので…
それでもギリギリでしたけど…

応援ありがとうございます😊
いい報告が出来るように頑張ります!
年間での滑走日数はどれくらい滑ってるんですか??
今は学生ではないので、多くて20日くらいですが、大学の頃は合計で70日くらいは滑っていたと思いますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。