太宰治を読む。

16
固定された記事

「太宰治を読む前に」【5/11執筆】

太宰治の作品は、中学授業時に学んだ「走れメロス」を除き、大学入学後から読み始め、直近で何…

太宰治の『ロマネスク』に関する2つの疑問と考察

はじめに 今回「ロマネスク」を選んだ理由は、はじめて読んだあと、資料や解説を読んだ上でも…

太宰治を読む。まとめ。【7/23更新】

「太宰治を読む前に」【5/11執筆】 太宰治の作品は、中学授業時に学んだ「走れメロス」を除き…

「お伽草紙 太宰治」【7/14執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ  「舌切雀」 原作をほとんど知らない状況で読ん…

「竹青 太宰治」【6/30執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 結末に「自註。これは、創作である。支那のひとた…

「清貧譚 太宰治」【6/23執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 「以下に記すのは、かの聊斎志異の中の一篇である…

「走れメロス 太宰治」【6/16執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 「メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除…

「駈込み訴え 太宰治」【6/9執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 「私はあの人を愛している。あの人が死ねば、私も…

「地球図 太宰治」【6/2執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 「シロオテ」が「シドッチ」を指すということは、…

「めくら草紙 太宰治」【6/1執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ 「めくら草紙」は、「列車」と「玩具」同様、『晩…

「玩具 太宰治」【5/30執筆】

↑青空文庫なので0円で読めます、オススメ これまた不思議な短編小説である。 「私は書きた…