[NJ2019]ポエミング#ふれるしずく
ふれるしずく

[NJ2019]ポエミング#ふれるしずく

という訳で、ポエむぜ


サワレナ

心に触れられればどんなに良い近道だろうか
辿り着こうとして気付けばパラレルラインにいる

剥がれた真皮から滲出しつづけるのは単純な涙
ぶつかり、落ちて、転げ廻って、はじめて輪郭を知るものなの?
ハートの形をしているかどうかもわからないから
切開されなければ自分の心臓にすら触れないから

monolith

荘厳な空間にいた
岩肌にふれて平熱が遷移していく
手触りではじめての刻印を見つけた
あたりまえのことが書かれていた

「きみは何かと隣接している」
「それは死しても止まぬ事実だ」

寒くなってきた

あたたかいね

冷えた油脂の固まり
溶かして料理にでも使おうと思う
ガスの火と、恵みが合わさる食卓
「あたたかいね」
二の腕に隣り合ったフリースと炬燵布団が擦れ合う
いただきます、そして満たされて眠る


はじまりはこの一冊から


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
芸術文/実用文の間、物書き/編集者の間をフラフラと行ったり来たりしながら、何かしら新たな価値が生まれないかと日々試行錯誤しております。