小野 ぽのこ

誰かが「生きてて良かった」と思えるような、ひだまりで感じる風のような作品を生み出したい|食いしん坊Webライター|#磨け感情解像度 最優秀賞|#給付金をきっかけに PowerToスモールビジネス賞|#ここで飲むしあわせ キリン特別賞|#おいしいはたのしい 企業賞
固定された記事

大好きなお店を支えたくて、人見知りが花を贈った話

カワタ製菓店は本日をもって閉店させていただくこととなりました。 大変悔しいですが、偏に私たちの力不足によるところです。 それはあまりに突然のことでした。 5月25日…

固く閉ざされた門

自分の陰口を言う相手にどう接すればいいのか、たまに考えることがある。 いつからかはハッキリと覚えていないが、母は近所のおばさんたちに陰口を言われるようになった。…

万年黒リュック女の恋

かれこれ7年間、黒のリュックを使い続けている。 同じリュックを仕事も遊びも近場も遠出も関係なく、毎日毎日まーーいにち背負っている。 つ、つまりだよ。小学生がランド…

今宵も二人、鍋祭り

鍋はよい。 健やかなるときも、病めるときも、鍋はとてもよい。 毎日つけている献立日記によると、2020年の1年間で私たち夫婦は69回も鍋をしたらしい。ほぼ5日に1回のペー…

広島のお好み焼き屋で大阪弁の天使に出会った話

広島のお好み焼き屋で天使に出会った。 おじさんの姿で大阪弁を話していたけれど、間違いなく天使だ。 * 11月中旬、夫と二人で広島を旅した。 私たち夫婦は2019年に神…

三日坊主が2,684日間つづけている献立日記

自慢じゃないけれど、真正の、根っからの三日坊主だ。 好きになる男性にことごとく振られ、人生最大の自信喪失期だった頃、「心を鍛錬するのだ!」と合気道の道場に通いは…