月ノ瀬 静流

趣味の物書きです。 普段は小説サイトに投稿しているのですが、自作の「見開き・縦書き」表示のリンクを貼りたくて、noteに登録しました。 詳しくは「プロフィール」をご覧ください。 lit.link → https://lit.link/NaNsinfonia

月ノ瀬 静流

趣味の物書きです。 普段は小説サイトに投稿しているのですが、自作の「見開き・縦書き」表示のリンクを貼りたくて、noteに登録しました。 詳しくは「プロフィール」をご覧ください。 lit.link → https://lit.link/NaNsinfonia

マガジン

  • 第十章 蒼穹への黎明と『デヴァイン・シンフォニア』連載版

    【毎週金曜日 定期更新中】 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) https://note.com/nan_sinfonia/n/nea3227639433 は、紙の書籍を読む感覚で読んでいただくために、ひとつの章ごとに、一冊の「本」のように、まとめています。 そのため、まだ完結していない章は、個別に1エピソードずつ、連載形式で投稿しております。 それらをまとめたものが、こちらのマガジンとなります。 ひとつの章が完結いたしましたら、同じ内容を一冊の「本」にして、小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示)に、収録いたします。

  • 趣味の物書きのひとりごと

    【不定期更新(原則、月に数回、土曜日更新)】 趣味の物書きである私(月ノ瀬 静流)のひとりごとです。 執筆をしながら思ったことを、つらつらと。 とりとめもなく、綴っております。 (カクヨムの近況ノートと同じ内容のこともあります)

  • イラスト・各話表紙画像まとめ『デヴァイン・シンフォニア』

    小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) https://note.com/nan_sinfonia/n/nea3227639433 の関連イラストをまとめたものです。

  • 第九章 潮騒の鎮魂歌を『デヴァイン・シンフォニア』連載版

    【毎週金曜日 定期更新中 → 完結しました】 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) https://note.com/nan_sinfonia/n/nea3227639433 は、紙の書籍を読む感覚で読んでいただくために、ひとつの章ごとに、一冊の「本」のように、まとめています。 そのため、まだ完結していない章は、個別に1エピソードずつ、連載形式で投稿しております。 それらをまとめたものが、こちらのマガジンとなります。 ひとつの章が完結いたしましたら、同じ内容を一冊の「本」にして、小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示)に、収録いたします。

  • 第八章 夢幻の根幹から『デヴァイン・シンフォニア』連載版

    【毎週金曜日 定期更新中 → 完結しました】 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) https://note.com/nan_sinfonia/n/nea3227639433 は、紙の書籍を読む感覚で読んでいただくために、ひとつの章ごとに、一冊の「本」のように、まとめています。 そのため、まだ完結していない章は、個別に1エピソードずつ、連載形式で投稿しております。 それらをまとめたものが、こちらのマガジンとなります。 ひとつの章が完結いたしましたら、同じ内容を一冊の「本」にして、小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示)に、収録いたします。

最近の記事

  • 固定された記事

小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示)

〈あらすじ〉 〈冒頭〉 第一部 落花流水 第一章 桜花の降る日に 第二章 華やぎの街にて 第三章 策謀の渦の中へ 第四章 動乱の居城より 第五章 騒乱の居城から 第六章 飛翔の羅針図を 第七章 星影の境界線で 第八章 交響曲の旋律と 第二部 比翼連理 第一章 遥か過ぎし日の 第二章 約束の残響音に 第三章 綾模様の流れへ 第四章 昏惑の迷図より 第五章 禁秘の神苑にて 第六章 天球儀の輪環よ 第七章 五里霧の囚獄で 第八章 夢幻の根幹から

    • 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 2.心魂を捧ぐ盟約-2

      第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  2.心魂を捧ぐ盟約-2

      • 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 2.心魂を捧ぐ盟約-1

        第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  2.心魂を捧ぐ盟約-1

        • 小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 1.真白き夜更け-4

          第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  1.真白き夜更け-4

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 第十章 蒼穹への黎明と『デヴァイン・シンフォニア』連載版
          月ノ瀬 静流
        • 趣味の物書きのひとりごと
          月ノ瀬 静流
        • イラスト・各話表紙画像まとめ『デヴァイン・シンフォニア』
          月ノ瀬 静流
        • 第九章 潮騒の鎮魂歌を『デヴァイン・シンフォニア』連載版
          月ノ瀬 静流
        • 第八章 夢幻の根幹から『デヴァイン・シンフォニア』連載版
          月ノ瀬 静流
        • 「つぶやき」日記
          月ノ瀬 静流

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 1.真白き夜更け-3

          第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  1.真白き夜更け-3

          台詞と(かっこ)と禁則処理

          趣味の物書きのつぶやき 普通の台詞は 「 かぎかっこ 」 でくくります。 けれど、小説の中で、『人外のもの』を出したとき、彼(彼女?)の台詞を「 かぎかっこ 」以外の、特別な かっこ(に相当するもの) でくくりたいと思いませんか? そんなわけで、私は < > で、くくりました。 理由は、【すみつきかっこ】[大かっこ]なんかだと、目立ちすぎるなぁ、と思ったからです。 それと、< >は、出しやすかったから。 しかし、< >は「不等号」であって、かっこではありませんでした。

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 1.真白き夜更け-2

          第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  1.真白き夜更け-2

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 1.真白き夜更け-1

          第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  1.真白き夜更け-1

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と 〈第九章あらすじ&登場人物紹介〉

          第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と  〈第九章あらすじ&登場人物紹介〉

          不特定多数の方に、失礼に当たらないように書くのは難しいです……

          趣味の物書きのつぶやき 趣味の物書き。 されど、ネット上に公開している=誰でも読めるところに小説をおいている、物書き。 自分のPCやノートに書いているだけのときは、気にならなかったのですが、ネットだと、どんな人が見ているか分からないんですよね。 気づかないうちに誰かを傷つけたり、失礼に当たることを書いていたりしないかと不安になります。 「小説(=創作物)だから、いいじゃん」 では、やはり駄目だと思うのです。 考えれば、考えるほど、筆が進まなくなります。 ですが、そこを

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を 6.波音の子守唄-3

          第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を  6.波音の子守唄-3

          『デヴァイン・シンフォニア』連載版 〔第二部 比翼連理  第十章 蒼穹への黎明と〕 目次 (兼 表紙画像まとめ)

          〈第九章あらすじ&登場人物紹介〉1.真白き夜更け1.真白き夜更け-1 1.真白き夜更け-2 1.真白き夜更け-3 1.真白き夜更け-4 2.心魂を捧ぐ盟約2.心魂を捧ぐ盟約-1 2.心魂を捧ぐ盟約-2 3.崇き狼の宣誓3.崇き狼の宣誓-1 3.崇き狼の宣誓-2 4.風凪の眠りに灯る光4.風凪の眠りに灯る光-1 4.風凪の眠りに灯る光-2

          人間の頭脳は、スマホの予測変換よりも賢く、そして頑固だ

          趣味の物書きのつぶやき 小説では、「女の子にしか見えない、可愛い男の子(男の娘)」や、「男性にしか見えない、格好いい女性」といった、性別不明のキャラクターが出てくることがあります。 あるとき、私は「男性にしか見えない女性」を書きました。 そして、その小説を友人に読んでもらいました。 「感想? ああ、この『男装の麗人』がさー」 え? ちょっと待った! 『男装の麗人』なんて、私は書いてないよ? 私が書いたのは、「男性にしか見えない女性」です。 服装には触れていません。

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を 6.波音の子守唄-2

          第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を  6.波音の子守唄-2

          『良いタイトル』って、なんだろう?

          趣味の物書きのつぶやき 小説の顔ともいえる、タイトル。 タイトルの付け方ひとつで、人気が変わってくるとも聞きます。 では、良いタイトルとは、なんでしょう? ――という話は、非常に、センシティブなので……。 ここから先は、私が本屋に行ったときの『お話』です。 あるとき。 小説サイトでの主催ではない、とある一般公募で、私が勝手に注目していた作品が受賞しました。 少し経って、その作品が書籍になったときいて、私は本屋に探しに行きました。 実は、タイトルは、うろ覚えでした

          小説『di;vine+sin;fonia ~デヴァイン・シンフォニア~』(「見開き・縦書き」表示) 第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を 6.波音の子守唄-1

          第二部 比翼連理  第九章 潮騒の鎮魂歌を  6.波音の子守唄-1