「今日(7月4日)は、僕にとっても特別な日!?」
見出し画像

「今日(7月4日)は、僕にとっても特別な日!?」

同姓同名の友人、中村伸一所長が今日、Facebookに、こんな投稿をしていた。

   【今日(7月4日)は、僕にとっても特別な日】

   11年前の7月4日に、3人の同姓同名の中村伸一が
   東京に集まってトークライブを決行しました。

   地球探検隊の 中村 伸一隊長

   ドロクターの 中村 伸一院長

   そして僕   中村 伸一所長

   ある意味、伝説となったトークライブでした。
   この頃の僕は、全国で行われていた創業支援・ベンチャー支援が
   縮小となり、創業支援・ベンチャー支援の仕事が無くなりました。
   そしてリーマンショック。
   非常に厳しい環境の中で、仕事を模索していました。

   まさに、コロナショックとなった今と似たような環境にいました。
   この状況を耐え、新たな事にチャレンジしようと
   全国に目を向けた時に、隊長、院長と縁が深まり、刺激も得、
   このトークライブで、僕の思考が大きく変わったのでした。

   コロナに負けずに、前を向いて行きます。
   中村伸一所長

画像1

11年前当時、「中村伸一」でググると、俺がトップに出てきていた
それが、「中村伸一」院長が「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」に出演したことで
彼がトップで俺が2位になった。恐るべしNHK。たった一日で順位が入れ替わった 笑。
そこへ、最年少の「中村伸一」所長が仲間に加わり、「中村伸一」で有名な2人を前にして気負いがあったと思う。本来の自分の力に気づいていないだけだったと思う。今は年齢は違っても、お互いを尊重するフラットな関係になっている。

この所長の投稿で思い出したことがある。
今月で20歳になる次女の七海(なつみ)が高校受験で悩んでいた時、
人は誰でも潜在能力のほとんどを使っていないって話をした。

「跳べなくなったノミの話」をした。
ノミは30cmくらい普通に飛べるが10cmくらいの高さで
フタをすると、何度かぶつかるうちに、フタをとっても
これ以上、跳べないって思い込んだかのように、
10cmしか跳ばなくなってしまうらしい。
でも、再び30cm飛べるようになる方法があるという。
それは、30cm以上跳べるノミと一緒の環境に置くのだそうだ。

「無意識に自分の可能性にフタをしてない?」って
娘に聞いた。

なぜ、俺が「非日常の旅」を勧めているのか。
いつもと違った環境に身を置くと、いつもと違う自分に出会い、
いつもと違う人と出会うからだ。
出会う人が変われば、自分の人生を変えることができる。

人生は出会いでできている。

「自分を信じて、自ら心開いて、自ら動いて、人との出会いの機会をつくって、人生を拓いていこうよ」って。


今、「中村伸一」の同姓同名の仲間は5人になった。同姓同名で会社つくっても、参加者全員が「中村伸一」な旅つくっても面白いなって思ってる。

まずは、俺の4冊目の新刊、「ようこそドラマチックジャーニーへ」出版記念に5人の中村伸一でオンライントークライブをやる予定 笑。

   これでいいのだ。
   「天才バカボン」小学館 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー!フォローしてもらえると嬉しいな!
「地球探検隊」隊長。22年経営してきた唯一無二の旅行会社を手放しゼロリセット。58歳から主夫として育児・育自しながら、「地球は教室、体験が教師」の教育理念を基に旅作家、出版プロデューサー、講演家、ラジオパーソナリティとしてロックに生きる日々。今、7冊目を執筆中!