見出し画像

私の価値観をけなされたように感じて落ち込んだ話

今日とあるツイートで
私が数年前から
ずっと大切にしてきた価値観を
けなされたように感じて、
すごくすごく凹んだ。

多分そのツイートは
私のことを言ったんじゃない。

でも私には刺さった。

深く深く刺さった。

私の目指してきた方向は
間違ってたのかな?
私に続いて
そんな風になりたいって
言ってくれてるライターさん達
たくさんいるのに、
私が間違ってたら導けないよ……😔

そう思った。

で、
あまりに落ち込みモードから抜け出せなくて
息子に
「どうしたら立ち直れると思う?」
と聞いてみた。

そしたらもう…
息子の答えを聞いて、半ベソよ🥺

息子の答えは、こちら👇

それはさ、
まだその人は足を踏み入れてないから
ママのやってることがどれだけ大変なのか
分からないんじゃない?
やってみないと分からないことってあるじゃん。
僕もギター始めるまでは
誰でもできそうって思ってたけど
やってみたら
あぁそうかって、そういうことかって、
すごい分かったし。

確かに。

本当にその通りだと思う。

だって私も思ったもん。

じゃあやってみ? って。

構成から画像選定まで
修正なしでそのまま公開できる記事
書いてみ? って。

私がこれを実現できるようになるまで
何年かかったと思う?

そんな簡単なことじゃないよ。

でも、だからこそ
それができるライターには
価値があると思った。

そういう姿勢で仕事をするライターは
重宝されると思った。

現に私はクライアントさんから
助かるってよく言われるし、
それが私の提供できる価値だと思ってる。

ネタ出しから構成作り、
執筆、画像選定まで
1人で請け負って
100%で納品する。

時にはインタビューもするよ。

で、クライアントさんは
チェックだけして
そのまんまの原稿を公開する。

これを実現できることって
そんなに小さな価値ではないと思う。

編集部を持てないクライアントさんや
編集に時間を割けないクライアントさんは
確実に、いる。

でもそういうクライアントさんには
何回も何回も記事をチェックして
修正の指示をしてまたチェックして……
なんて時間は正直いって、ない。

だからこそ、私は
編集不要な原稿を目指してるわけで。

もっといえば
私の提供する価値は
「修正されない原稿を納めること」
ではない。

クライアントさんの手間を省き、
メディア運営の
「いちパートナー」になること。

だから
編集部ありき、修正ありきで
仕事をするライターさんとは
確かにズレが生じるよね。

だって私が目指してるのは
編集部のない状態でも
メディアを運営できるように
全力でサポートすることだから。

で、こういうことを考えてて思ったの。

あぁ、「編集のいらないライター」って
そんな表現をするから伝わらないんだ。
私の伝え方がダメなんだ。

だって私が想定してるのは
編集部を挟まない形だから。

私が編集者とライターの
一人二役をするってことだから。

「編集のいらないライター」だけじゃ
それが伝わらない。

このキャッチだけでは
私が本当に大切にしてることの
深部までは伝わらないんだなって。

私だって編集部が間にいたら
パートナーになってもらうもん。

1人で全部を背負おうなんて
思わないもん。

そう考えたら、何かスッキリした😇✨

ということで
「編集のいらないライター」
に代わるキャッチ、何か考えてみます。

もっと、
主旨がズバッと伝わるキャッチを。

最後に一言

修正があることを
悪いことだとは思わないけど、
何度も何度も
同じことを指摘され続けるライターさんに
私は仕事を頼みたいとは思わないです。

言われたからやる。
言われないからやらない。

そういうスタンスのライターさんとも
私は気持ちよく働けません。

今回の発端となったツイートは、おそらく

そういうスタンスの人は
単価が低くても仕方ないよね。
ちゃんと自分の頭で考えて
高品質の記事に仕上げられる人の方が
単価は高くなるよね、当然だよね。

って意味が含まれてるんじゃないかなと
私は個人的に思ってます。

・クライアントが何を望んでいるのか?
・ライターに何を求めているのか?

ここさえしっかり押さえて実現できれば
修正うんぬんは問題じゃないと思う。

要は相性というか。

私の場合は、ここに
「編集の手間を省きたい」という
クライアントの望みがあるから
たまたま「修正ゼロ」に価値があるだけ。

というか
そういうクライアントさんだからこそ
私に依頼をしてくれるわけです。

私が提供する価値に魅力を感じるから
依頼してくれるんだと思います。

だからライターが大事にすべきは
「修正うんぬん」じゃないです。


以上、私が今日1日かけて考えたことでした!

最後まで読んでくださり、
ありがとうございます😊

今後ともどうぞよろしくお願いします✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ながせ なみ|コラムニスト

最後まで読んでくださり、ありがとうございます! スキやサポートもしていただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします♡

励みになります!
岡山生まれ、長野育ち、大阪在住のフリーライター・編集ディレクター。ライター専門メンターとしても活動中。高校生の息子を持つバツ1シングルマザー。コラムニストとして活動すべくnoteでは自身の体験談や個人的な思いを気ままに発信しています✨