寂しさからパートナーを作ってはいけない理由
見出し画像

寂しさからパートナーを作ってはいけない理由

蒼井なこ

ひとりだと、寂しいから婚活しようかな…
というお話を見かけて、思ったことを綴ります。

少し辛口です。

結論から言うと、正直、寂しさを埋めるためにパートナーを探すことはオススメしません

まず、やるべきは、自分の人生を楽しむことに没頭すること。

人生を忙しくする方が先決

そもそも、寂しさを埋めてくれるかどうかは、パートナーの自由。

自分の思い通りに、寂しさは埋めてもらえないかもしれないし、付き合っても、しばらく会えないときには、寂しさはあるわけで…パートナーがいたからと言って、必ず寂しさを埋められるもんじゃない…。

…もう少し詳しく説明すると

前提として、パートナーの時間も、お金も、精神も、どう配分して、どう使うかはパートナーの自由

もちろん、逆の立場で、自分のモノも然りね。

だから、付き合ったから、結婚したからと言って、自分に使ってもらう権利も義務もない

進んで相手が使ってくれるなら良いけど、それをコントロールしようとしたり、まして強要することなんてできない

じゃあどうすればいいか?

パートナーが惚れ続ける、大事にしたくなる、手放したくなくなる、そんな自分であり続けるしかない。

つまり、魅力的な女性であり続けること。

彼に会う時間がないくらい、自分も充実させる。

彼に会えない時に

A:なんで会えないのー!さみしー!もっと私に時間使ってよー!!

B:さみしー!でも、私も色々やることあるから、楽しんでるー!仕事頑張ってー!

という二人がいたら、どちらがいいと思いますか?

そして、久々に会った彼に

A:(ふてくされた顔で)何にもすることなくて暇だった…毎日〇〇くんのこと考えてたわ…

B:(ニコニコと楽しそうな笑顔で)会えない間、こんなことがあってね…◎×△……楽しかったんだー!!

という二人、どちらがいいと思いますか?

男性は女性の役に立ちたい、喜ばせたい生き物だけど、Aちゃんだったら、男性心理としては、女性を不幸にさせてる感じがしてしまう。

ほんとは、女性のこと幸せにできる自分になりたくて、仕事を頑張ってるのかもしれないのに、ね。

もちろん、変なやせ我慢しないで、
「会えないの〜寂し〜」
と素直に可愛く伝えるのはいいけれど、連絡をたくさんしたり、他に好きな人できたんじゃ…とか変な不信感募らせたりする女性には…少なくとも私はなりたくない。

パートナーがいれば、もっと幸せになれるかもしれないけど、いないと幸せになれない、という考えは捨てた方が人生はもっと自由に、幸せになれる。

少なくとも、わたしは彼のことしか考えられない女性にはなりたくないし、そんな世界の狭い女性に、惚れ続けてくれるのかな…とも思ってしまう。

逆の立場でいうと、「趣味は妻」という関係性に、密かに憧れはあるけどw、それとは別にもちろん打ち込む仕事などがある人が好みです…。

自分を充実させるためにすることは、仕事じゃなくてもいい、趣味でも、習いごとでも、美活でもいい。ダラダラと漫画を読むことを極めてもいいし、アイドルにハマってもいい。

なんでも良いから、男性が仕事に費やすエネルギーと同じくらい、好きなことにエネルギーを費やそう。

何かに打ち込んで、人生を自分で楽しむ力がつくと、そんなキラキラした姿に惹かれる男性がたくさんでてくるよ

その頃には、きっと、寂しいなんて、言ってられないくらい、人生が充実してると思うよ。

皆さんが婚活を通して、幸せな生活を叶えられるよう、心から応援しています。


※婚活のお悩み相談も行なっていますので、ご希望の方はコチラの「蒼井なこ公式ライン」に登録して「婚活相談希望」とお送りください❤︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
蒼井なこ

お読みいただき、ありがとうございます❤︎ 本業の医師や、アラフォー離婚で学んだことをもとに、身体だけでなく心も健康に、しなやかに生きる方法をシェアしていますので、お楽しみ頂けたら嬉しいです! 各種SNSはこちら→https://lit.link/nacoaoi

嬉しい❤︎ありがとうございます❤︎
蒼井なこ