桜のようなヒト
見出し画像

桜のようなヒト

旅と犬とわたし



毎年のことなのに,桜の開花を心のどこかで待ち望んでしまう。
綺麗なだけではなく、
パッと咲いてパッと散る、その潔さは「真似したくても中々できない生き方」のような去り際のカッコ良さを感じるからだ。

先日、僕が憧れていたおじいちゃんが亡くなった。
皆 トニーさん、と呼んでいた。

「おじいちゃん」と呼ぶには元気すぎた89歳。
ジャズピアニストであり,シンガーでもある。
ライブの時はいつもタキシードをビシッと決めて、普段はカラフルなキャップを被り、バナナリパブリックをカジュアルに着こなす。
知り合いのカフェに1人でランチに来て、気がつくと隣の女子大生に声をかけて楽しそうに喋っている。
マウイ島が好きで、行くとゴルフ三昧。たまにホテルロビーにあるピアノを弾いて,周りのゲストに拍手をもらうことがあった、とか、僕にとってはとにかくカッコいい大人のトニーさんだった。

亡くなる2週間前の昼間,携帯にお電話をいただいた。
「またカフェに行きたいなぁ。もう少しコロナが落ち着いたらね。」
あと「来年 卒寿(90歳)のライブやろうと思ってるんだよ。」と。

その内容も話し方も,お元気この上なかったからこそ、
正直信じられない位驚いてしまった。

けれど,同時にカッコいい人は最期の最期 去り際まで素敵なんだなぁ、というところで腑に落ちた。

僕にとって,トニーさんは桜のように素敵なおとな満開で、パッと美しく散ったのである。

生前可愛がって下さり,本当に嬉しかったです。
心からご冥福をお祈りします。
ありがとうございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます。
旅と犬とわたし
旅行会社で様々な旅を企画をしてきました。インド、ブータン、スリランカ好き。いえには犬が5匹。東京在住。介護の仕事も開始。保護犬などにも興味大。気になるワードは「未来の旅」「未来の介護」そして「不便益」。様々な環境の様々な世代の人とつながりたい。日々感じたことをつづることにしました