六月雨音

むつきあまね。散文詩っぽいクレッシェンドな物語書いてます。写真を落書きみたいに撮るのすきです。{透明文芸部幽霊部員}

六月通信12 ハピネス

こんばんは。 今夜は予定を変更して、このリレーマガジンについての私の想いを書きたいと思います。 発表はもう少し先にするつもりでしたが、私の発言が発端で、波紋が起き...

僕と君 7 かじられた絵本

君にはじめて買った絵本は せなけいこさんの「いやだいやだ」の連作だった。 貼り絵で作られたやわらかい絵は、どこか僕をほっとさせる。 正方形の形と、頁数のちょうどよ...

みるくたまごの月

天の空を受けるため、みるくの盆を準備したら 滴る雫を一滴、ただ一滴、ぽたりと受け取ろう。 ミルククラウンみたいにダンスするその者たちは 手をつないで無邪気にくるく...

六月通信11 ギャップⅠ

今年の11/1の金曜日。そう、つい最近のことである。 お誘い頂いて、人生はじめての宝塚の公演に行ってきた。 実はさほど興味があったわけでもなく、一生に一度くらい見てみ...

僕と君 6 フードとホチキス

君は、フードが似合う女の子。 フードかぶせると、きのこの精みたいになって いたずらっこな感じが、さらにアップする。 何かやらかしそうな瞳に気が気じゃないよ。 でも...

六月通信10 ステップ

スキップをする。ステップを踏む。 リズムを刻む。パセリを刻む。 メロディを奏でる。キャンディを舐める。 あはっ。めちゃくちゃな韻だな、意味もなく。 リズムとステッ...