見出し画像

微粒子企業の【土台作り】について考えてみた

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================


■昨日は、


 これから
 個人事業主として独立しよう

 という方の相談に
 乗らせていただきました。


 公の場に出て、

 その仕事をしていくような
 業務内容なのですが、

 それまでは

 会社員として
 勤務をされていて、

 これから独立して
 いろいろやっていこうとする際、

 本当に

 何からスタートして良いか
 分からない

 という状況とのこと。


 そこでお尋ねをされたのが、

 『広告』や『ブランディング』

 といったものに
 興味はあるのですが、

 どういった講座に
 申し込めばよいのでしょうか

 ということ。


 本当に

 独立開業するタイミングでは、

 いろいろなセミナーなどの情報が
 舞い込んできて、

 取捨選択することが
 なかなか難しい状況ですよね。


 本当にいろいろな業者の方が
 いらっしゃるのが現実で、

 どの方の提供する商品やサービスが
 自分に合っていて、

 逆にどれが合っていないか

 ということを選別するのは
 かなり難しいもの。

■そういった中で、


 私の経験談としてのことを
 聞かれたため、

 私の開業当初の
 お話をすることに。


 結論から言うと

 私自身は、

 『広告』や『マーケティング』

 などといった
 技術的な面に関しては、

 当初一切手は出さず
 (単純によくわからなかったため(汗))、

 どちらかと言えば、

 【『経営理念』や『自分の想い』や
 『考え方』などを固める】

 という方向で、

 その道のコンサルティングを
 されている方からの教えを乞うた

 という状況でした。

■結果として、


 相当な遠回りをしたように
 は感じますが、

 今となっては

 それが功を奏しており、

 経営的にも次第に伸びてきている
 ところです。

 『遠回り』

 と述べましたが、

 『急がば回れ』

 とも言われるように、

 遠回りである様で

 実はそれが

 最短距離だったように
 思いますね。

■結局のところ、


 【理念】や【想い】

 などなくして

 『広告』や『マーケティング』

 というものは
 なかなか難しいもので、

 仮にそれが
 うまくいったとしても、

 その先に待っているのは

 『価格競争』

 ではないかと思うんです。
 (もちろん、全てがそうなるという
 わけではありませんが。)


 そうなると、

 価格競争により
 単価を下げざるを得ず、
 
 そのことにより
 大量の受注が必要となり、

 そのことが
 商品やサービスの質を
 下げることに繋がり、

 最終的には
 経営者である自分はもちろんのこと、

 スタッフの労力も過剰に
 駆使させることになってしまうことに…


 そうなってしまうと
 
 サービスを受けているお客様も、
 経営者自身も、
 そしてその周りの方々も

 『共倒れ』

 になってしまうのではないか
 と思ってなりません。


 そういったことから考えると、

 やはり

 【想い】あっての
 経営であり、

 【その想いを
 まず土台として固めていく】

 ということは

 大変重要ではないでしょうか。

 
 昨日のお話の中で
 そんなことを思った次第。

画像1

■また、昨日のご相談では


 独立開業しようとする際、

 これから自分で
 営業をし、お客様の開拓をして

 仕事を取り、

 収入を得ていかないといけない

 ということを考えると、

 いかにサラリーマンとしての
 自らの身が恵まれていたか

 ということを
 身に染みて感じている

 とのことも伺いました。


 これは本当にそうで、

 経営者になってみないと
 分からない感覚ですよね。


 サラリーマンを経て
 経営者になると、

 こういった
 身をもっての感覚が掴めるので、

 そういった面では
 なかなか良いものです。

■私自身も


 昨日のご面談を通じて、

 当初の気持ちを
 思い出すことができました。

 こういった機会を
 定期的にいただける環境には

 本当に感謝ですね。


 私自身も初心に返り、

 周りの方々の幸せのために
 しっかりと貢献していきたい

 と思っております。

-------------------- 


《本日の微粒子企業の心構え》


・起業すると、
 いろいろなセミナーや勉強会などの話が
 舞い込んでくるが、

 【どれが本物の情報であるか】

 ということを
 しっかり取捨選択する必要がある。

 その一方で、
 その根本として大切なのは

 【経営者としての想いや理念】

 であり、
 その土台固めをすることが
 まず第一に肝要であるかもしれない。


・サラリーマンを経て経営者になると、
 サラリーマンとしての気持ち、
 そして経営者としての気持ちの
 両方が掴めるため、

 それだけでも人生にとっては
 大きなプラスと言える。

 しっかりと
 上述してきたことなどを総合勘案して、

 これから打つべき経営の一手を
 思索していきたいものである。


今日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。


これまで書いてきた記事は、
バックナンバーとして、
私の公式HPの【ブログ】に
アップしていますので、
よかったらご覧くださいませ。^^

https://muratax.com/blog/

起業準備中から起業5年目までの経営ドクター
税理士 村田佑樹

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!感謝✨(^^)/
1
福岡にて、税理士として税務顧問はもちろんのこと、主にスタートアップの個人事業主や法人の【税金や会計・起業の垂直立ち上げ】のコンサルティングをしています。