むちゃくちゃ楽しい学びの場のつくりかた
見出し画像

むちゃくちゃ楽しい学びの場のつくりかた

G2さんが #コミュラボ でお話したことをnoteに書いてくれた。

内容は、
・学びの場のつくりかた
・多拠点生活こコミュニティ

学びの場のつくりかたは、早稲田大学大隈塾がメインで、
きらびやかな有名人を毎週毎週ゲスト講師にお招きしての講義。
その人の人生の転機というミクロな視点と、
社会の現状、問題点、どうあるべきかのマクロなまなざし。

でも、そんなティーチングにも限界が訪れて、
教え込むティーチングから、学び合うアクティブラーニングへの転換。
特に、学生が自分たちで「自分たちはナニを学びたいのか」、
問いを立てて学びたいことを発見すること。

発見したら、それを実現するためのダンドリをつける。

そして、学び、学んだら振り返る。

そうやって学びを得るとどうなるか。
学びと多拠点生活はどんな関係か。
わたしの「芸風」とは?

が、まるっとまとまってる。
ありがたい。


いつもありがとうございます!
むらさん(村田信之)|釜石と東京の2拠点生活しながら、全国でワーケーションも実践中
岩手県釜石市に移住して2年目!長崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、大学院公共経営研究科修了。田原総一朗スタッフ、早稲田大学客員准教授として「たくましい知性を鍛える」(大隈塾)を20年間担当。立教大学兼任講師、京都芸術大学客員教授なども勤めた。リーダーシップのことならお任せ。