見出し画像

0060:結果も過程も楽しむ

人生って無駄なの?

ちょっとむずかしい話が続いている気がしますが、頑張ってついてきてくださいね・・・
(^~^;)

ええと、人生がシナリオ通り進むという話でしたね。んで、シナリオの修正が、ちょいちょい入っていると。

わしらは、わしらの時間の感覚では、生まれる前にシナリオを全部書いてから人生をスタートする、と書いたけど(0059)、実際は、人生をやっている途中で、抜けて、書き直して、最初から再スタートしたりとか、そういうこともあると思います。

まぁ、どっちにしろ、わしらは「やり直していること」を知らないんですけどね。
(^~^;)

で、人生が「シナリオ通りに進む」として。

じゃ、わしらは人生の様々なポイントで、何かを「選択」するわけじゃないですか。それって、どうなってるんでしょうね。

人生が本当に「シナリオ通り」なら、わしらが選択することも、予め決まっていて、結局悩んだり考えたりって、無駄なんですかね? 人生って、何なんでしょう?


わしはターンエーが好き

汝ら、プラモ好きですかな?
(^~^ )

プラモデルの代表といえば、やっぱりガンプラ(ガンダムのプラモデルシリーズ)じゃないかと思います。わしも子供の頃、よく作りました。最近も作りましたよ。パチ組みですけど。

パチ組みってのは、部品をランナー(部品じゃない部分)から外して、パチパチ組んだだけ、という意味です。塗装とかそういうの無しで。

最近のガンプラはスゴく良くできてて、パチ組みでもカッコいいんですよ。塗らなくても、パーツの色でそれなりにガンダムらしくなるし、付属のシールを貼ればさらにそれらしくなるし。関節も工夫されていて、かっこいいポーズも改造無しで決められます。
d(^~゜ )

昔のガンプラはそんな事なくて、パーツなんか真っ白だったから、プラカラーで色を塗らないと全然ガンダムらしくならなかったし、ボンドを使わないといけなかったから、いちいちパーツからはみ出しちゃって、仕上がりが汚かったし。
(^~^;)

今のガンプラは、ボンドも塗料もいらないですからね。いや、もちろんそれらを使って、さらにすごいプラモデルを完成させる猛者もいますけど、わしはパチ組みで満足(笑)。

で、プラモの楽しみって、やっぱり「作る過程」にあると思うんですよ。

単に「ガンダムを飾りたい」んであれば、フィギュアを買ってくればいいんですね。

でも、説明書を見ながらパーツを探して、組み立てて、何日かかけて、少しずつガンダムになっていくのが楽しいですし、最後に体の各部分を集めて、一体のメカに仕上げる、あの瞬間の喜びは、フィギュアを買ってきて箱を開けた喜びとは、また違ったものになるんですよね。

(フィギュアの箱を開けるワクワク感も存じ上げておりますが(笑))


過程を「演(や)る」

何が言いたいかっていうと、人生が例え「シナリオ通り」であったとしても、全然意味なくないんですよ。わしらはね、人生を「演ってみたくて」生まれてくるんです(0011)。

死ぬまでに起こる、様々な出来事を目の前にして、それにどう対処していくか。悩んだり、考えたり、他の誰かと協力したり。その結果、たとえ失敗だったとしても、その過程は、絶対に記憶に残るんですよね。

世界というのは、わしらの記憶の蓄積でできていきます。前に書きましたよね、「時間は流れない、それは積み重なる」って(0055)。

わしらの記憶は、神さまが全部記録して、取ってあります。難しい言葉で、アーカイブする、といいますが、それが一番近いです。わしらは日々シナリオを再生しながら、アーカイブを作成しています。

わしらは神さまと同じものでできている存在なので(0053)、わしらのすることは、すなわち神さまがすることです。わしらのしてきたことは全部、神さまが記録しています

ま、その話はまた今度にしますかね。ともかく、わしらはその「過程」をやってみたくて、人生をスタートさせるんです。

ガンプラを、ひとつひとつ組み上げていくみたいにね。

人生の面白いところ(そして辛いところ)は、最終的にどんなガンダムが完成するのか、自分でもわからないし、それに、ひとりひとり全然違うガンダムになる、ってところですね。

だけど、最終的にはどんな人生も、何がしかの形に完成するので、心配したり悩んだりする時間だって、無駄じゃないんですよ。やりたければどんどんやればいい。

なのでわしは「どうせなら、楽しくやろう」と、最近は考えるようにしています。貧乏暇なし彼女無しなのは、相変わらずなんですけどね・・・。
(^~^;)

ま、そんなわしの話なんで、信じ込まないようにお願いしますね。

次のページ:(0061:神さまと一緒に世界を創るわしら
前のページ:(0059:辛い人生は、なぜ辛いのか
これは、拙ブログ『人生はなぜ辛いのか、と思った時に読むブログ』からの転載です。イラストや強調で分かりやすい、本家サイトはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/
このブログの文章を初めてお読みの方は、ぜひ第1回からお読みください。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2018/09/0001.html
今回のエントリーのページはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2018/11/0060.html




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「人生はなぜ辛いのか?と思ったときに読むブログ」著者、リリジャス・クリエイター。京都でちまちま生きているぶよんぶよんのオジサンです。ブログ転載中、長編小説連載中。みんなの投げ銭まってるぜ!(笑)

今日はいいことあるよ!もちろん明日も!
3
リリジャス・クリエイター(自分で考えた肩書(笑))。京都市在住の、ぶよんぶよんのオジサンです。 現在ブログからの転載と、コラムを不定期にアップしてます。短編・長編小説もマガジンにありますよ。質問コメント大歓迎! 投げ銭も歓迎! ツイッター@munchausen21
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。