見出し画像

AKBは夢を追いかける少女たちが居場所をさがすステージだ。

アイドル好きにどんなイメージがあるだろうか。

「AKBが好き」

そう伝えると、返ってくる反応はさまざまだ。ただ、大体あまりポジティブなものではない。

それもそうだ。いまのAKBは、最新シングル「サステナブル」が37作連続ミリオンセラーを超えて、じつはまだまだCDセールスのトップを走っている。なんて話は、みんな知らない。きっとオワコンなイメージなんだ。

黄金期のメンバーは次々に卒業してしまい、2019年には長年つづいたレギュラー番組もどんどんなくなってしまった。

AKBINGO!(2008年1月〜2019年9月)、AKB48のオールナイトニッポン(2010年4月〜2019年3月)、AKB48 SHOW!(2013年10月〜2019年3月)…有吉AKB共和国も週刊AKBもだいすきだったよ。

風物詩のようになり、地上波のゴールデンタイムに中継されていた総選挙もジャンケン大会も、今年はない。年初には、世間のみなさんから白い目で見られるような、倫理観を問われるような事件も起きた。

AKBは胸をはって「ファンです」とは言いづらいブランドになりつつある。AKBの救世主と言われていた、期待の大型新人が突然卒業してしまうことも発表された。最近、ほんとにいいニュースがない。

でも、そんなことはわかっていて、それでも応援しているんだ。

「AKBが好き」と話すと「どこが好きなの?」と必ず問われる質問へ、いつもうまく言語化できていなかったモヤモヤをこのnoteで解消してみたい。と同時に、今まで興味のなかったひとに、新しい見方を提示できたらいいなと思っている。

わたしにとって、AKBの好きなところは「夢を追いかける人のためのプラットフォーム」であることだ。組織に翻弄されながらも挫折をしたり、成長して自分の居場所を見つけていく少女たちのストーリーだ。

(前置きしておくと、組織の運営自体は、決して上手だと思えない。いや、もっとしっかりしてくれよ、とメンバーを不憫に思う場面がたくさんある。いや、山ほどある。)

それでも栄枯盛衰をくりかえす組織や、それぞれのメンバーを通じて「ここにいたこと」の意味とは?「努力はかならず報われる」のか?と目が話せないのだ。センターになるだけがてっぺんじゃなくて、それぞれの個性を輝かせていると、誰かが見つけてチャンスを与えてくれるさまを見てきた。


AKBのことがどれくらい好きか?

秋葉原の劇場には何度も足を運び、握手会も何度か通い、大箱ライブにはかならず行く。レギュラー番組は毎週録画して見ていたし、歌番組もチェックする。好きなメンバーの表情をきちんと確認するために、最低3回は見返す。総選挙のような重要なイベントには、家族を巻き込みながら、泊まりで遠征するくらいは好きである。

AKBにハマったのは、社会人生活にもすっかり慣れた、2010年の春。ポニーテールとシュシュが席巻していたあの頃だ。ヲタク界隈でいう「ポニシュ新規」で、決して早い方ではない。

「束ねた長い髪 水玉のシュシュ」と歌う前田敦子の、ちょっとしゃがれた声が好きだった。「恋のしっぽは捕まえられない」とじゃれあう高橋みなみと大島優子を見て、なにこのかわいい生き物、と思った。

彼女たちのミュージックビデオや出演する音楽番組、秋葉原の劇場のライブ映像を追いかけて、総選挙のスピーチも第一回から見返して、完全にハマった。

巨大組織「AKBグループ」で自分のポジションを見つけた人たち

まず前提知識をいくつか共有してみる。

AKBはグループ全体で、現役メンバーが600人以上。AKB48単体でも100人以上いる。学校の同級生くらい人数がいるから「あの子いたよね」「話したことない(むしろ知らない)」がいても、不思議ではないレベル。

今までCD以外にも劇場公演だけで歌われたものも合わせると、楽曲は1200ちかく存在する。AKB48以外には国内に5グループ(名古屋、大阪、福岡、新潟、瀬戸内)、国外は東南アジア中心に9グループを擁して、超グローバル企業の様相をおびている。

1:リーダー像は1つじゃない

この大所帯、運営会社がそれぞれ異なるのがまたややこしポイント。メンバー全体を統率して、運営サイドとのコミュニケーションを図るのが「総監督」で、現在は3代目総監督に「向井地美音」が就任している。グループの置かれたフェーズによって、総監督が見せる姿がちがうことも印象的だ。


初代総監督、高橋みなみは、わたしから見ると「昭和のリーダー」だった。スター揃いの個性的な初期メンバーたちを圧倒的な人間力とストイックな姿勢で、見事にまとめていた。仲間たちを叱咤激励しながら、細やかにコミュニケーションもとる。メンバーの些細な変化にもよく気がついて声をかけるから、元気のない子には「飲み行くか」と言い出しそうな感じだ。そのままズバリ「リーダー論」も出版している。

二代目の横山由依は、本人も語っているとおり、高橋みなみとはまったくタイプが違う。カリスマ性で引っ張るのではなく、素直に自分のできること、できないことをさらけ出して、得意なメンバーにそれぞれ補完してもらう関係性をつくっていた。

この春から総監督を引き継いだ三代目の向井地美音は、原点回帰を図っているように見える。彼女は生粋のAKBオタクで、抜群のルックスと子役経験(篠原涼子の娘役で、アンフェアにも出演)から「第二の大島優子」と加入直後から人気をあつめていた。

そんな彼女がセンターを目指すのでも自分の夢を追い求めるのでもなく、グループを背負ってたつ覚悟を決めた。二代目総監督の意志をつぎ、小さな会場をまわる「全国ツアー」を実行にうつしたのだから、もう応援しちゃう!という気持ちが高まるのである。


2:異動や転勤で開花する才能

メンバーにはグループ間の異動や兼任制度があり「ちょっとあの支社を盛り上げてきてよ」「本社で経験積んでこいよ」「海外転勤よろしく」という会社のような展開が往々にして起こる。また「組閣」の名のもとに、おなじグループ内にあるチーム編成が変わり、それぞれのキャプテンが任命される。

スキャンダルが発覚して「左遷」と揶揄されながらも、そのプロデュース能力を開花させた指原莉乃を筆頭に、新天地を得たことで活躍したメンバーは多い。

日本でもそれなりに活躍していたが、海外転勤でむかったJKT(ジャカルタ)で人気を爆発させ、いまやTwitterのフォロワーは140万人をこえる仲川遥香。

くすぶっているように見えた時期を経て、SKE(栄)へ異動して、名古屋のメンバーにもファンにも愛されて、デビュー9年目の26歳ではじめて総選挙の選抜にランクインした大場美奈。

「築きあげた歴史なんか振り返る暇はない 夢はいつも未来にある」(RESET)
「当てなんか何もないよ ここではないはるかな地へ 与えられた手堅い未来 意味はないだろう」(家出の夜)
「今が楽しくても 永遠につづくわけじゃねぇ しがみつくな」(前しか向かねえ)

そう繰り返し、見えぬ未来への挑戦を歌ってきたAKB。アウェイな場所でファンからもメンバーからも信頼を獲得して、自分のあらたな強みをみつけた者にチャンスの順番が回ってくる。


3:そこで技をみがきつづけることの意味

ずっと追いかけて見ていると「ここにいたことの意味」や「努力は報われるのか」に思いをはせずにはいられない場面に遭遇する。

会社ともよく似ているが…超期待の新人が、周囲の期待をよそにすぐ辞めてしまう。反対に、最初はそこまで注目されていなかったが、コツコツと仕事の経験をつむことで、ふとした瞬間から花開く場合もある。

例えば「太田三姉妹(太田プロ所属のAKBメンバー)」と呼ばれて、前田敦子、大島優子とならんでフィーチャーされていた小野恵令奈。出世の登竜門でしられる「渚のチェリー」ではセンターをつとめ、グループ初のシングルCDに収録されるソロ曲も与えられ、抜群のアイドル性で人気を博していたが、AKBが大ブレイクした直後、ほどなくして卒業してしまった。


ほかにも将来を期待されて、加入直後からセンターポジションを任されたり、ドラマ出演のチャンスを与えられたような多くのメンバーが、早々と卒業していった。

一方、長く在籍したことで開花した例もある。

加入直後から抜擢をされていた「宮崎美穂」。指原莉乃と同期で「次世代エース」と推されて、エリート街道を歩んでいた。しかし、その後、どん底ともいえる低迷期が続いたが、いまは見事な復活を遂げている。勉強をつづけた韓国語を活かした仕事も増えて、後輩たちからの信頼も厚い。

もう1人。いまやグループの顔になりつつある「岡田奈々」。「三銃士」と呼ばれて同期3人で推されていたが、つねにその中では3番手だった。彼女はなにごともマジメに取り組む姿勢を貫き、すばらしいパフォーマンスとともにマジメさが個性として昇華されている。

日の目が当たらないときも自分の技を磨きつづければ、いつか花開くときがくる。努力の方向性さえ間違えなければ。そんなことを教えてもらっている。

ちなみに、わたしは一度転職をしたのだが、強い動機になったのが「挑戦し続ける自分でありたい」ということだった。まったく同じタイミングで、わたしが推していた「高橋朱里」が、まったく同じ理由でAKB48からの卒業を発表した。

AKB48が大好きだからこそ、挑戦し続けることと壁を乗り越えてから得られることをたくさん教えてもらえたので、私は同じ場所ではなく挑戦し続けられる環境に行きたい(オリコンニュース記事より)


4:独自のポジションを確立するメンバーたち

AKBでの成功は、センターのてっぺんを取るだけではない。それぞれの個性を活かして、花を開かせたメンバーがたくさんいる。

相手のニーズを読み取って自分を客観視する天才、「小嶋陽菜」。

バラエティの道で、抜群の知名度をほこる「大家志津香」。

憲法アイドルから政治タレントに転身した「内山奈月(現在は芸能界を引退)」。

身内だけのアイドルドラマでも圧倒的な演技力を見せていた、いまや人気女優の「川栄李奈」。

SHOWROOMの配信をつづけて、その名を知られることになった朝5時半の女「大西桃香」。

総選挙の出馬を固辞しつづけて、劇場の出演回数が4年連続1位の独自ポジションを築いたシアターの女神、「村山彩希」。


AKBは「夢をかなえる少女たちを応援する場所」

あまり知られていないが、AKB48グループのメンバーで芸能事務所に所属しているのは、ほんの一握りだ。AKB48であれば、ほとんどのメンバーは運営会社のAKSに所属している。秋葉原の劇場にたち、握手会に参加して、チャンスの順番がまわってくる機会を待っている。

たとえばAKBのエリートコース(な印象のある)太田プロには前田敦子、大島優子、指原莉乃、北原里英、横山由依、入山杏奈、中井りか…とそうそうたるメンバーが所属している。

地道にがんばって、運が良ければ芸能事務所からのスカウトがあり、正式な所属が決まるシステムなのだ。それぞれのメンバー特性にあった事務所から声がかかるといいなと強く思っている。

演歌歌手を目指していた「岩佐美咲」は、徳間ジャパンに移籍したり(最新曲、いい感じ!応援!)。

最近だとバラエティメンなHKT48の「村重杏奈」が、鈴木奈々や須田亜香里も所属するツインプラネットに移籍した。しかもこの移籍は、さっしーこと指原莉乃が大プッシュして決まったという、これまたヲタ泣かせなエピソードつき。

芸能界で成功するだけが、幸せでもない。今年発売された、元SDN48メンバー大木亜希子さんの著書「アイドル、やめました。」では、卒業後のメンバーたちがどんな葛藤をかかえながら、あたらしい道を踏み出したのかが詳細につづられている。これも、ぜひ読んでほしい。


AKBと夢とnote

AKBのコンセプト「会いに行けるアイドル」は有名だけど、もう1つ、明言はされていないものの「夢をおいかける少女たちを応援する仕組み」であることは間違いない。

たとえば…「夢」はAKB の歌詞における頻出ワードだ。

「ここの場所で夢を追いかけるから 応援してね」(AKB48)
「どこかで君も今がんばっているのだろう 僕だけ弱音なんか言えなくなる 違う世界生きてるけど 夢に向かう同じ道を走っている」(遠距離ポスター)
「夢の未来はこれから始まる 少女たちよ なにも諦めるな」(少女たちよ)
「夢を死なせるわけにいかない 前へ進めよ 信じてる明日があるなら 道はある」(夢を死なせるわけにいかない)

わたしは、自分の仕事とAKBを重ねて考えることが増えた。

現在、この記事を書いているnoteで広報・PRの仕事をしている。ぜんぜん共感してもらえないのだけど、常々「noteとAKBはよく似ている」と感じている。

クリエイターは自分が得意、もしくは好きな表現手段をえらんで、note上で自分のペースで創作活動をしている。いいコンテンツを出していると、誰かが見つけてくれる場所がnoteだ。

クリエイターの活動をファンが応援して、注目を集めると、書籍化につながったり、映像化されたり、仕事のオファーが増えたり。メディアプラットフォームと謳いつつ「夢のプラットフォーム」なんだよなとつくづく思っている。

クリエイターが活躍しはじめると「ワシが育てた」と言いたい昔から応援していた人たちが、さらに応援してくれる仕組み。あったかくて、大好きだ。

ここまで「夢」を連呼しておきながら白状すると、わたしには明確な夢がない。特に20代は、それがコンプレックスだったときもあった。やりたいことがハッキリしている友人がまぶしくて、うらやましかった。

でもAKBではどちらも許容されている。明確な夢に向けてまっしぐらな人もいれば、活動をしながらゆるやかに自分の針路を決める人もいる。幸せの定義も人それぞれ。それでいい。そう教えてもらった。


わたしはこれからも応援しつづける。noteのクリエイターも、AKBのメンバーも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお付き合い、ありがとうございます!頂いたサポートでほかのnoteへサポート or 娘と息子が笑顔になるものを購入します。子育てや仕事についてつづっていきますので、もし良ければフォローしていただけると嬉しいです。

わ~~い!今日もいいことがありますように!
203
7歳👧と1歳👶を子育て中。お茶大 → 法人営業8年 → 広報。1人目出産後、2014年から未経験 × 時短勤務 × 1人の三重苦で広報のキャリアをスタート。2019年4月からピースオブケイクの広報。ホムパ、AKB、お皿集めが好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。